『Mayhem;Overtime』の『へむを』と焼肉会議したけどやっぱり尊敬できる男でした。

Mayhem;Overtimeの『へむを』こと永井くんが最近一人焼肉にハマっているらしいので、便乗してきた。

Mayhemについてはうちの基本みらあが紹介記事を書いていたりするのでそちらもよろしくです。

 

永井くんとは多分10年以上の付き合いになる。正確に覚えてない。
僕が川蝉やってたころで、永井くんはまだ『hem』をやっていた。

そのころから尖ってて大好きなバンドマンなんだけれど、今の彼はとても優秀な仕掛け人でもある。

話はひとつ前のバンド『hemlock』の頃に遡る。
バンド運営において、公式サイトはもちろんその他多様化するWeb サービスを使いこなすことは広告宣伝としては重要な鍵をにぎる。
ということがまだしっかり認知されていないというか、わかっててもやらないというかやれないというか、周りがそんな状態の時にTwitterで暴れまくったりしてしっかり結果を残したのが彼らだった。

あ、曲とライブはもちろんいいので割愛しますね。(いい意味で)

残念ながらhemlockは活動休止してしまったんだけど、その後に永井くんが始めたのがMayhem;Overtimeだった。

新しくまたバンドを始めるという話を聞いて、とても嬉しく思ったのを覚えているけれど同時に記憶に刻み込まれているのが「ギターが超絶テクでしかも可愛くて現役メイドです。」という言葉。
ああ、マジでこやつ抜かりないわって思った。

期待通りな安定の楽曲とライブの良さに付け加え、ルックスや話題性を初めから兼ね備えた状態でスタートをきるという盤石さ。
セルフプロデュースという意味では僕が知っているバンドマンの中でトップクラス。

その後も、hemlock時代より更に進んだWeb サービスを駆使して暴れまわる。
「ネットで度々問題を起こす」的ないい感じの評判も看板に、現在に至るまで精力的に活動している。

 

そんな永井くんを個人的にものすごく応援しているので、定期的にエセ戦略会議をするのが僕の楽しみなわけである。

僕が把握している最近の熱いWebサービス事情を共有したり、永井くんのプロ級Twitter運用術をご教授いただいたりと楽しい時間だった。

 

お互い十年前だったら「そんなこといってねーで魂で勝負しろよ!!」と食って掛かっていたんだろうなと思う。
ロックだ何だという言葉の前では、こういう話はしゃらくせーことなんだろうし、俺つまんない大人になったのかなーなんても思わないでもないですよ。

でも、重要な事なんだよね。

 

音楽を取り巻く環境は変わった。

夢も見づらくなってきたよ。

 

だからこそ真剣に、地に足つけてずっと音楽をやっていく、楽しんでいくためにはこういう話は必要なはず。

音楽で飯を食いたい人はたくさんいる。でも昔のやり方では本当に食べにくくなってきている。前も大変だったのに!

すごく思うのは、カッコつけるのがバンドでもあるんだけど、それはそれとして「お金ください」ってはっきり言う事って大事だと思う。

ちょっと表現が直接的すぎるのでもう少し砕くと。
自分の作ったもの、活動に誇りをもってやっているんだから、それにお金を払ってもらうことをもっと当たり前だと思えばいい。
そして払ってもらうための行動を堂々としたらいいと思う。

バンドマンのクラウドファンディングとか、いまだ賛否両論あるんだろうし、ここでその話題は広げないんだけど。
チャンスってなんだろうという話。
その形はたくさんあるんだろうけど、より好みしてられるほど余裕あんのかって。死にものぐるいで何かになりたいんじゃないかって。

方法は多くない。だったら選べる手段の中で全力になればいいんじゃないかって。

 

音楽の価値は、ちょっと低くなってしまった。
誰が悪いっていう話はこの際なしにして。事実としてそれは明確にあると思う。

でもフジロックだサマソニだって行って思うのは、音楽好きな人は全然いるし、お金払う人もちゃんといるんですよ。

価値が下がったんじゃない。時代が代わって見え方や形が確かに変わってしまったんだっていうこと。

だったら、こっちも変わりましょう。新しい価値作っていきましょう。って、それだけなんだろうなって思います。

 

はい。今年まだバンドのライブが一度もできてない奴が偉そうにいいました。

 

こんな風に言うだけなら言える。
それを行動に移すかどうかで、未来は大きく変わるというお話です。

つまり。僕が書いたようなことを体現しているMayhem;Overtimeのへむをはやべーやつなのだ。

カッコいいから聞いてくれ。

 

2016-09-01 21.37.06_s

食べ過ぎました。