どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

さきほど最近の和賀について、津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく振り返ってみましたが、白紙すぎるほぼ日手帳が気になって仕方がなかったので、しばらく記憶を補完する作業に腐心していました。

割とちゃんと埋まったので、もうこの勢いで9月を振り返ってみようかと思いました。その二。

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

 

9月18日

・ガッツリ働いた。これくらい毎日働けよってね。

・友人に誘われて渋谷でお酒。

・ライフワークバランスって、大事だと言われるけれど、何よりも自分がどう生きたいかだと思う。

・その上で、決めることであって。誰しもに当てはまることでもない気はする。

 

9月19日

・川原翔くん@k_5336の舞台を見に行った。

・割と最近皆勤賞な気がしている。

・脚本がすごくよくて引き込まれた!

・翔くんはいい役者です。

・計画しているBBQの下見をすることにする。

・溝の口のドンキホーテ屋上にBBQテラスがあるんです。

詳しくはこちらで。

・まさかこの後ならちゃんが入院することになるとは……。

・仕事は多分してた……。

 

9月20日

・好日山荘登山学校で丹沢へ。エマージェンシー講座の実践。

・曇り空だったけど、山に入るだけで僕はもう。

・同行した店員さんが覚えてくれていた。すごく嬉しかった。

・髪が赤いからと言うツッコミはいらないです。

詳しくはこちらで。

・今度は、プライベートで来よう。

・働いてません。

 

9月21日

・秋田から兄とその友人たちが遊びに来る。目当ては巨人対ヤクルト戦。

・東京ゲームショウに行かなかったのは、この家族行事があったからです。でんぱ組みたかったけどさ……。

・試合は大荒れ。

・ヤクルト最下位チームだよね……? 軒並みバッターの打率が三割なんだけど……。

・チーム秋田は巨人ファンです。

・僕は一緒にいる人と楽しむので、今日は巨人ファン。

・松井選手がいた頃まではガチの巨人ファンでした。

・そして、延長で競り負ける……。

・浦安へ移動。「のぶし」という居酒屋へ。

・兄が東京で働いていた頃、毎日のように通った居酒屋なのです。

・ま じ で う ま い か ら 。

・のぶし丼は神。

・兄達と東京ドームホテルに泊まる。

 

9月22日

・早起きしてお仕事。ホテルって捗るよね……。

・ホテルの朝食を食べるの巻。

・兄達と東京タワーへ。

・前日、東京ドームでチケットが当たっていたのです。兄。

・久しぶりに登った。

・最近登っている山はここよりも余裕で高いのだ。

・それに自力で登るとか、人間ってすごいよね。

LEMONsスタジオ。

・ならちゃん入院してるけどね!!

・一人なので、LEMONs企画の告知も含めて弾き語りをした。

ここで見れたりします。

・ならちゃんが入院していることは、この時僕しか知らなかった。

・この時点では、当日、多分行けるだろう、位のはっきりしない状態だった。

 

9月23日

・お仕事。

・え、世間って祝日なんですか?

・じゃあ友人と飲んでも許されますよね。

 

9月24日

・3時半から働いてた。

・一回寝てるから徹夜じゃないもん。

黒夢のBOYS ONLYに申し込む。

・どうしても行きたかったので、東京と名古屋申し込んでみる。

・(後日、どちらも当たっていると言う展開に)

・頑張った自分にご褒美で、クロエ@Bar_Chloe0301に行く。

・ならちゃん、多分大丈夫、という電話。

 

9月25日

・仕事は朝にかぎる。

・LEMONs 主催、crunch is dead vol.5。

・一人でリハ。

・仙台よりcolossal youth到着。

・「楢山死んだんすか?」 元メンバーにしか言えないジョーク。笑

・ならちゃんはスタート後到着!

・実は陰で色々あったイベントだったのですよ。

詳しくはこちらで。

・いい、夜だった。

 

9月26日

・シナリオのプロットで苦戦していた。

・お世話になっている、オートクチュールの中村さんのサプライズバースデーに招待される。

・当日誘われて、ふわっといく。これがタイミング。

・中村さんは本当にまったく気づいていなかったらしく、キョトンとしていた。

・おなじみの面々とも会えました。

・新しい出会いもありました。

・からの、深夜テンションで新宿で『TOKYO TRIBE』を見る。

・すごく面白かった。笑

 

9月27日

・仕事は朝にかぎる。

・計画していたBBQ、溝の口。

・10年来のバンド仲間と、しっぽり。

・続いていくものは、続いていくのです。

まどか☆マギカを一気見する。

虚淵さん……。

・もっと色々インプットしないとな。

 

最近の和賀。へ続く。

 

 

10月ですね。

今年も残すところ3ヶ月。

まだやれることは残っているはず。頑張ろう。

 

こんな生活をしている僕ですが、興味があったら声かけてください。

 

 

 

 

 

近況報告的な。

黒夢のインディーズ再現ライブを見たり、クリープハイプの武道館2daysなんかをみたりしつつ、先月東京にかれこれ2週間くらい東京に滞在(仙台にもちょっといた)したわけですが、どっから話そうかな。

そう、まず4月12日に黒夢のライブ。
インディーズ時代の曲をやるっていう3daysの初日に行ってきましたよ。
インディーズ過ぎて爆笑。黒夢以前の清春さんのバンドの曲とか、反則です。
余りチケットを通して素敵な出会いもありました。

音楽サービスのアイデアをぶつけあったり少子化を憂いたりする友人とのランチ、お世話になっている方と会食なんかをしつつ、4月16~17日はクリープハイプの武道館2daysへ。

今日はクリープハイプが武道館に立つ特別な日だ、だった二日間。

『ねがいり』で目頭を熱くした。クリープハイプの次のステージに期待大。

そして翌日4月18日はLEMONsでライブ@三軒茶屋HEAVEN’S DOOR。
2月ぶりのライブだったけれど、いい匂いのするライブだった。
こんなスタンスだけど、一緒にやってくれるならちゃんこと楢山直孝に感謝。

お世話になっている前職の上司家族とBBQしたりしつつ4月21日、人生初めて高速バスに間に合わなくてショックを受けつつリカバリーして仙台前入り。

これまたお世話になっているフリーランスPAかつyuakの岩崎さんと前向きな酒を飲んでぶち上がりつつ、仙台の生んだオルタナモンスターcolossal youthのスタジオに乱入。

翌日4月22日は仙台enn 3rdでソロライブ。
エフェクトボードだけは郵送し、ギターはcolossalから借りるという斬新かつ投げっぱなしスタイルで、一人だけどバンドに負けない音量を垂れ流し、そのまま朝まで飲む。
colossal youthのライブを思いつきでUstreamしたりして、次につながればいいなってライブだった。

このまま秋田に変える予定だったけど、古巣gumiの所属部署であったVisual Art Crationがgumi studyなる勉強会をやるということで急遽参加。
元同僚の勇姿に感銘を受けつつ、普通にためになるので爆裂メモ。
そしておいしいお酒。

実家に戻り、友達の花見をしたり。
リフォームしたお家に伺ったりして、のんびり。

そして再び、5月3日上京。
艦これこと艦隊これくしょんのオンリーイベントへ。

その後は尊敬する先輩でもあり最高の友人でもあるTHE ANDS磯谷氏と密会。バッティングセンターからの多摩川。
夜は、三軒茶屋HEAVWN’S DOORで盟友michiru kimuraの爆裂DJでぶち上がりつつ、好きなバンドを堪能。もちろんそのまま朝だった。

5月4日は赤神をキープするべく赤髪をメンテナンス。そのまま買い物したりしてたら夜になってた。
ひさしぶりにEARに行き、そのまま深酒。

5月5日はコスホリック。からの吉祥寺WARPで鼻血が出るほど好きなMEAT EATERSを見る。

5月6日は人生初めてのコスプレイヤーさんの撮影会に突貫。なんか成長した気がする。
そして夜は東京FUZZ研の初セッション。
THE ANDS磯谷氏、FOOLAマサキ氏、DEADMANS工藤君と僕。
各々、熱く自分のエフェクトボードを解説した後は、ひたすらノイズ、ノイズ、ノイズ。
僕は磯谷さんのアンプの真ん前だったけど、三回ほど意識が遠のいた。次は配信予定してます。

んで……。
かえってきたのか、秋田に。

最近秋田にいるとなんもする気が起きないのは、東京にいる時のスケジュールな気がしている。
反動がでかすぎる……ちょっと自重しようかしら……。

とかいいつつ、16日からの上京は、すでに順調に予定が埋まってきております。
でもまだまだ余裕があるので、色んな人に会いたいです。
僕からも連絡しますが、連絡してください。

「いつから戻ってくるの?」

最近良く聞かれるんですが、まだ未定です……。
住むところがね、決まんないんですよ。

こう、こだわりがあるようで、ないというか……。
あそこでもいいけど、別にここでもいいよね、みたいな感じで、決め手が一切ないので、どうも決まらない。
悩みどころです。

とはいえそろそろ東京の拠点がほしいので、何とかしたいところです。
イイトコあったら紹介してください。

つかもう自分でシェアハウスやるのってどうよ、って最近思ってたりします。
どっかに家落ちてないですかね?

リスペクトする津田大介さんの津田マガ風に近況を書きなぐってみましたが、ここまで書いてそもそも需要があったのか?ということに気づく。

本当はこのうちの一つ一つを記事にしたいくらいなんですが。時間を見つけて可能な限りやりたいと思います。

とりあえず、一番言いたいこととしては、また東京行きますので。どうぞよろしく。