MADARAについて語らう会、やります。

1987年に『マル勝ファミコン』で連載を開始した、『魍魎戦記MADARA』という僕のバイブル的漫画があるのです。
最近熱心に買い直したり、関連本を集めている僕ですが、このへんでちょっとMADARAを知っている人とざっくばらんにお話をしたいなと思っているのです。

そもそもなんで今MADARA何だという話ですが。

MADARAは事実上完結しています。
原作者の大塚英志氏が『僕は天使の花を踏まない』という小説を最後に、完結宣言をしたからです。
ただ、晩年のMADARAは大塚氏の小説展開ばかりで、作画の田島昭宇さんのMADARA作品は一切でていないんですね。
それもそのはず、『多重人格探偵サイコ』で忙しかったから……。
そうなんです、サイコも大塚英志×田島昭宇の作品なんですよね。

そのサイコが、今年6月についに完結するんです。
スタートから18年ですよ……長かったなぁ。

つまり、田島さんの手が空くわけなんですよ。

となると、どうしても期待してしまうんです。MADARAの完結編。
一作目で転生した摩陀羅(主人公)を追っかけて仲間たちは転生を繰り返すわけなのですが、結局ほんとのほんとの最後の戦いが描かれずじまいでここまで来ちゃったわけですから。(一応終わってるし)

摩陀羅の仲間たちが、一番初めの彼を求めて来世へ飛び立ったように。
僕らが会いたいのは、大塚×田島の描く摩陀羅なんですよねぇ……。

とはいえ、摩陀羅もスタートからもう28年経っているわけで。
かなりファンはいるはずなんですが、記憶の彼方に葬り去られている人も多いはずなんですよね。
大塚氏にやる気を起こさせるためには、かなりの熱量が必要なわけで……。

そのへんの機運を(勝手に)高めていきたい和賀なのであります。

実は6月に場所抑えてイベントやるつもりなのですが(笑)
その前にとりあえず、思い出しがてら語らない? という場を設けたいと思います。(なんなら複数回で!)

今回は第一回として3/22(日)に、僕がバーテンしている渋谷EARをオープン前に少しお借りしてやります。
時間は13時から。お酒だけ一杯500円かかりますが、その他はフリーです。
関連本は僕が全部用意します!!

レジュメは全くありませんが、本当にゆる~くMADARA話ができたらいいなと思っております。
実はMADARA好きだった人、カモン!!

———-
2015/03/22(sun) @渋谷EAR
「僕はMADARAの完結を認めない vol.0」

open: 13:00~
close: 17:00
drink: all 500yen

★MADARシリーズ完備! 知らなくても、忘れていてもその場で読めます!
★食べ物持ち込み自由。
★好きな音楽かけれます!
———-

こんな感じです。
どうぞよろしく!!

成功は、物語を提供できる人間になることから。

最近は「星の島のにゃんこ」をやってます、和賀です。
デコゲー熱い。コンプラ時代を思い出します。

 

今日、目に留まった二つの記事が、僕の中でびしっと繋がったので紹介したいと思います。

「共感消費」が主流になってきた

共感があってそこから消費が生まれていく。
例えば、この商品に込められた想いへの共感であったり、この商品を売っている人への共感であったり。
そういうふうに共感する消費が増えてきていると思います。
あるいは、友だちが勧めてくれた映画、「こんなにいい」と話してくれたからそれを見るというのも、「共感的消費」です。
信頼している人や親しい友達が「いいよ」と言ってくれたら、「ちょっと見てみようかな」とか「ちょっと買ってみようかな」ということでするのが共感の消費です。
日頃から、その人に共感している部分があるからです。
そういう消費が多くなってきています。

 

確かに最近本当にそういうの増えましたよね。
いいねがたくさんついた記事、RT数が多い記事、再生回数が多い動画、まとめブログ……。
フォロワーで面白い記事を毎度シェアしてくれる人がいて、ついつい欠かさず見てしまうとか。

キュレーションサービスがやたらと勢いがあるのも、この流れなんでしょうね。

とにかく今、誰かが良いといったものや、選んだものが好んで消費されるという傾向が強いということは確かに感じます。

 

ただ、ここで僕が思うのは「誰が」という部分が明確で、その「誰」かの持っている力次第で、この影響力は段違いになるということなんです。

そこで、この記事です。

45歳以下の重役はSNSで自信を持って発言できなければ、もう経営者にはなれない

 

ここに登場する、リチャード・ブランソン氏がすごくいいんです。
というのも、このところ僕が考えていた事を地で行っている人で、かつ成功している人なんですよね。

要は「面出せ、ビビんな、発信しろ、でないと話にならん」ってことを言っているんですね。
そうすることで、自分がコンテンツになり、一挙一動が話題になり、宣伝になり、人々を楽しませ、最終的には自分の利益にもなるということなんです。

 

僕は、まさにそうあるべきだと思っていて、昨日の記事にも繋がるんですが。

集団的なんちゃらとグローバル。

 

集団的自衛権がらみの話題ではあったんですが、この中で僕が言いたかったことの一つとして、
「僕の知っているグローバルで活躍し成功している方々は、顔出しで、恐れず自分の意見をしっかり表明している」ということなんです。

今の時代、ともするとWeb上の魑魅魍魎に足を絡めとられそうになるんですが、ビビらずに自分を出していくということは本当に必要だと思います。
成功、という言葉を意識している人なら。

 

僕の前社であるgumiの社長の国光さんはまさにそんなリーダーですが、今日、さらに50億調達したというホットなニュースが流れてますね……。

更なる誓い!絶対に世界一を獲ってみせます!

 

ビッグマウスと言われることもしばしばですが、最後にそこに到達しちゃったら勝ちで、なんだか本当に世界獲りそうな勢いがある人です。
何かをなす人って、よくも悪くもこういう方の中から出てくるんだと思います。
とにかくキャラはバキバキに立ってます。
主義主張をとにかく明確に提示する方で、視点も興味深いので、僕は勝手に国光さんのFBのシェアを「国光キュレーションニュース」と呼んで、拝見させて頂いてます。笑

 

僕は大塚英志さんを尊敬しているんですが、彼の物語消費論がバイブルだったりします。
あの本が出てからもう20年位経過していますが、依然、物語は消費されていますね。

家入一真さんなんかもいっていますが、「物語がある人ほど面白い」と。
共感的消費はもちろん説得力がある話なんですが、その発信者が「物語を持った魅力的な人」もしくは「魅力的な物語を語る人」だと、そりゃもう大きな反響を呼ぶんです。

 

これ、間違いないです。

 

僕は、コンテンツになりたいと常々思っています。まだまだ全然なんですけどね。

成功、という文字を意識している人は、顔を出すことを恐れるべきじゃないと僕は思います。重ね重ねに鳴りますが。
炎上ともうまく付き合える心構え、です。ビビってる場合じゃない。

 

あなたの物語に誰かが魅せられるか。
誰かを魅せる物語を語れるのか。

 

でかいことがしたいなら、是非そちら側を目指してください。

僕は先に行ってます。