音楽と、マーケティングとか、自己プロデュースとか。

ものは創っただけじゃあ売れなくて、売れるように宣伝をしたりしないといけない。

八百屋の親父さんはお店の前で安い大根を宣伝してるし(最近そんな光景見ないか) 居酒屋のバイトはサラリーマンを今日も捕まえている。

 

いい音楽を創っても、そのまま売れるはずはない。

誰かが見つけてくれるかと言ったら、見つけてくれない。

口コミ、なんて言うけれど、人はちょっとやそっとじゃ動かない。

 

一生懸命宣伝することは、とっても大切なんです。

 

THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)

 

ちょっと長いけど。いい記事でした。

THE NOVEMBERSを本気で世に知らしめようとしている人達が、今何をしているか詳細が書かれています。

メジャーというところに行けば、当たり前のことではあると思うんだけど、バンドだけで音楽やっているわけじゃなくて、こういうチームで作品を作っていくんですよね。

今回は写真の話は出てこなかったけど、カメラマンなども、もちろんこういう場合とても重要なポジションを占めるわけで、前の記事なんでさらっと書いた事は詳しく言うと、上の記事みたいなことになる。

専門家達が己のジャンルで、「コンセプト」に沿って全力でクリエイトする。そして世界をチームで構築していく。

その情熱は、バンドが作品とつくり上げる情熱と何ら変わらないのです。

 

大変なのは自分だけじゃないぞよ、バンドマン。

 

広告だマーケティングだ戦略だというと、「なんだよ金の話かよ。」的な反応とか「ロックじゃねー。」という反応がおそらく返ってくるんですが、それならそれでいいです。

こればっかりは、分かりたくない人はそのままじゃあ頑張ってください、ということでしかなくて、分かりたくない頭で分かろうとすることは難しいのです。

僕もバンドマンなので、何も言えない。なんというか、そういうのが、「バンド」だもんね。

 

なので僕は今。「ロック」という言葉があんまり好きじゃない。

というか、ロックと言う言葉を知らず知らず言い訳的に使って人が割と多いことに辟易している。と言ったほうが正確かも。

あ、それ以前に僕はグランジでした。

 

なんとなく純粋じゃない、という感覚的にこういう話を嫌悪するのは、それもまた仕方ないことだと思う。

創作とは、表現とは、それは高尚なものであって神が宿るもの。である。はずなので。僕も半分くらいはまだ信じてます。

金の話とか、ビジネスっぽい話になると、その精神が汚される感じがする、というのも理解はできるし、僕も絶対前はそうだった。

 

その上で、とはいえ有名になりたいとか、自分の基準値までは到達したいとか、そういう話にやっぱりなるのなら。

ある程度は向き合ったほうがよくないすか。

 

視野は広く持った方がいいし。広くって言うのがアバウトだというのなら、ニュース見て、世の中の動きに興味を持つとか。ほんとそのレベルでも違うと思う。

何が流行っているのか、人々がどっちを向いているのか。とても大切なことですよね。

 

紹介した記事内でもこんな言葉が出てくる。

 

雑誌広告はお金を払って購入しているわけですから、ターゲットつまり読者の音楽への関与度は高いといえます。しかし、だからといって11月号の「音楽と人」とでいえば、雑誌購入者の何割がTHE NOVEMBERSを知っているでしょうか。何割が興味があるでしょうか。

―THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)より―

 

世の中にいる人は、圧倒的に君に興味が無い。

そんな人達から興味を勝ち取ることは並大抵のことではなくて、音楽のことだけ一生懸命考えていてもダメなんです。

もっと知ってもらわなければいけないし。

音楽以外でも、どんどん自分を発信していく必要があるはずです。少なくともここは間違いなくクリアしないといけないと僕は思っています。

自分の武器を、知る必要がある。自分をプロデュースする必要がある。

 

尾崎世界観が責任編集、雑誌「SHABEL」創刊

 

音楽人が、何も音楽だけやってなきゃいけないわけでもない。

アーティストだ、なんていうのなら、その自分という存在を構成する要素は全て意味のあるものになると思うし、興味があったり情熱が注げるアイテムがあるのならそれは全て武器。

音楽だけやってるのが純粋で美しい。ということも、もちろんあったとして、じゃあそれが正解かと言ったら僕は違うと思うね。

 

浮上するためには、自分の全てを使って、あらゆる手を尽くす必要がある。

魅力的な存在になる必要がある。そして人を巻き込んでいく必要がある。

何かを作るために、別の専門家と手をつなぐ必要がある。そして尊重する必要がある。

その上で一緒に作り上げていく。新しい世界を。

 

そんなことを、考えてみませんか。

 

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

さきほど最近の和賀について、津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく振り返ってみましたが、白紙すぎるほぼ日手帳が気になって仕方がなかったので、しばらく記憶を補完する作業に腐心していました。

割とちゃんと埋まったので、もうこの勢いで9月を振り返ってみようかと思いました。

 

9月1日

・9月始まりました。

・3日前から突如始まった鬱モードで、どんよりダラダラと仕事をする。

・突如調子を崩すのは、よくあるのです。本当に突然やってくる。私はこれでバイトバックレました!(過去何度も。本当にごめんなさい。)

・それでも雨の中、郵便局へ行った。請求書、大事。

・自分の影響力を再確認して、現状を認識する作業。裸一貫でどれくらいのもんなのか、と。現実を見なさい、と、自分とお話。

 

9月2日

・引き続き鬱々としておりました。

・終わらせられる仕事を終わらせられないとかほんとまじクズつらい。リスカしよ…(テンプレ)

・でも、何か流れを変えようと、14日の登山計画を立てたり、コミケ打上げの居酒屋を予約したり、講座に申し込んでみたりした。

・手に入れたものに、いつまでもしがみついていたところで仕方がないのだ。捨てるものは捨てて次に行きましょう。

・そうしないと何も始まりません。

 

9月3日

・お仕事はしました。しましたよ。

・ゲンロンオフ会に参加する。久しぶりのゲンロンカフェ。

・再会した方と盛り上がっていると、東浩紀さん@hazumaが!!

・ちゃっかりおとなりに座りました。ソシャゲのお話をさせていただきました。

・東さんが僕の話を聞いてるとかどういう状況!?

・途中暴走した気もしますがとても楽しい素敵な時間でした。

・行きたいところがあったら、行きたいときにいかなければダメだと、心から思った。それが、タイミングというやつ。

 

9月4日

・きっと仕事はしてました。してないはずはない。

・新宿、「石狩亭」にて、コミケの打上げ! 寄稿していただいた方々に土下座する会。

・みんな変わっていなくて、本当に温かかった。

・創りましょう。創っていかないと、と、強く思った。

・荒城氏、林蔵さん、だーくろ君、棒ちゃん、たあさちゃん、あとこれなかったけど綾瀬ちゃん、本当にありがとう。

 

9月5日

ZARIGANI$のライブに行きたかった。行けなかった。

・お仕事は計画的に。

・サボんなよ。働け。

 

9月6日

BAYCAMP!!!

・会場でPC開いていたのは僕です。

・右足首だけ焼けた。

・飲んでも全く酔わない。野外ってそうだよね。

・ベストアクトはナカコーさんですかね。

・MVPは色んな意味で向井さん。

赤い公園SHISHAMOが可愛かった。

・雨に打たれて退散。タクシーが捕まるって素敵。

・来年は駐車券・テントサイトで。

・カラオケで朝までシュタゲやってたのは僕です。

 

9月7日

・シュタゲやってました。

・鈴羽エンドがBADだなんて……。

・今日はEARの日です。

・元同僚などが来てくれました。

・小説と映画の話に花が咲いたのでした。

・仕事はして……。いやいや、今日、日曜日ですよ!(とか言い出すフリーランス)

 

9月8日

・仕事はしましたよ。

クリープハイプを見た!

詳しくはこちら。

・ものを創る人は、見る者にトラウマを与える人種です。

・僕もそうやって与えられた衝撃と衝動を胸に、今日まで生きてきた。

 

9月9日

・今日もお仕事お仕事。

ツイキャスをする。9月25日のLEMONs企画について。

 

9月10日

・しっかり目に働いた!!

・10年来の付き合いのみつきちゃんと、新宿で飲む。「とととりとん」

・みつきちゃんは、僕が東京で一番初めに組んだバンド「川蝉」のスタッフをしてくれたりもしていた。

・最近は「パッチワーク」と言うイベントで絡んでいます。

・音楽について大いに語った。

・そしたらいつの間にかキャス配信されてた。酔っぱらい和賀は大いに語った。

・音楽のこれからについては、割と考えてるんだよ。実は。

 

9月11日

・白紙の一日。

・働いてるはずさ。木曜日だし。

 

9月12日

・再び白紙の一日。

・働いているに決まっている。フリーに花金なんてない。

 

9月13日

・土曜日だけどきっと働いてた。

・丸一日休んだこととか、ほぼない気がしてきた。

・フリーってそんなもん。

・オーナーの友直さんの代理でEARに立つ。

・素敵なライブがありました。土曜のEARもよいぞ。

 

9月14日

・コントロールプラス、gumiと一緒だった、蟇目さんと浅間嶺へ。

・蟇目さんは最近の貴重な山仲間。

詳しくはこちらで。

・立川で軽く打上げ。

・のつもりが日本酒をパカパカ開けていた。

 

9月15日

・内見祭り。

・和賀、とうとう家借りる気になったのかって?

・秘密。

『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』をやる。

・いきなり本命の紅莉栖ENDにたどり着いてしまった僕はどうすればいい。

・最近、ぼんやり醤油ラーメンを食べていることが多い気がする。

 

9月16日

・バッチリ働いた。

・それなりに、通用する何かにはなっているようだ。

・締切を一日間違えていた。余裕があるって素敵!!

・だからちゃんと働け。

 

9月17日

・好日山荘でやっている、好日登山学校の座学を受けに、二子玉川へ。

・エマージェンシー講座。山での危険回避、緊急時対応について。

・山は油断すると本当に死にますから。

・すっっごい勉強になった。

・9月25日のLEMONs企画に出てくれるキャタさんのライブを見に、新高円寺CLUB LINER。

詳しくはこちらで。

 

 

津田さんと比べると、津田さんが明らかに死にそうなスケジュールで働いていることが分かる。

やる人は、やってるってことだ……。

その二へ続く……。

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

 

クリープハイプ、全国ホールツアー2014「八枚目でやっと!九枚目でもっと!」に at 横須賀に行ってきた。

2014年9月8日。

 

約10年前とは違って、僕は雨の横須賀駅に降りた。
あの時は汐入駅から、横須賀芸術劇場を目指していて、今日もそうしていたらコンビニで傘を買うこともなかっただろう。

海を見たり見なかったりしながら、横須賀芸術劇場へ。
平日の18時ということもあり、この時間帯にライブを見に来れる人は限られている。
入場口は若い子たちで溢れていた。

とか言っている自分は、世間的にはそんなにもう若く無いということをぼんやりと思う。

 

9月8日ということで「クリープハイプの日」だったらしく、スーツの係員から受け取るフライヤーの透明ビニール袋には、小さく可愛い爪切りが。
今日だけの特典だということだった。

物販に群がる女子達を横目で見ながら、階段を登る。
制服姿の女子高生を何度も目撃する。

クリープハイプは、若い子たちに本当に人気があるのだ。

 

目的の4階席。
ステージから距離があるとはいえ、どセンターだった。
あまりくじ運は良い方ではないが、ちょっとニヤッとする。

 

約10年前、僕はこの会場に訪れたことがある。
その時は右サイドの二階席だった気がする。
何を見にって、モーニング娘。を見に。
なつかしい。あの頃本当にハマっていた。

 

その会場に、クリープハイプが立つのだ。
モーニング娘。とクリープハイプを並べることに、別に何の深い意味もない。
ただの個人的な感傷。

 

クリープハイプのライブは押さない。
いや、むしろ押す黒夢とかのほうが珍しいケースか……。

とにかく、待たされることなく始まった。
黄色い、若い感性。
スポットライトに照らされた会場は、いっぱいの人だった。
平日18時半、クソ食らえなわけですね。かっけーよ。全然埋まってんじゃん。

 

落ちそうな4階なのに、躊躇なく立つ最前の娘達。
おいおい、頼むから落ちんなよ、と思いながら、約10年前、落ちることも恐れないかのようにヲタ芸を打ちまくっていた屈強な娘。ファンを思い出す。

落ちないように楽しんでね。

そんなことを思いながら、二列目の僕はより深く座席に腰を落とし、女の子たちの隙間からステージを見る。
相変わらず裸足の、おしゃれチンピラみたいな、可愛くていい感じにセンスのいい服を着た、尾崎を見る。

 

クリープハイプ初のホールツアー。

ツアータイトルの「八枚目でやっと!九枚目でもっと!」に現れているように、ここまでの道のりは長かったはずだ。
多分、今後絶対ライブでしか聞けないだろう、武道館以降のファンおなじみの、あるレコード会社へ向けたラブソング(笑)を聞きながら、すげぇことだよなぁ、とひとりごちる。

 

尾崎世界観はやる男だったけれど、本当にやった男になり、これからも当然やる男なのだ。

9枚目でもっと。次はどんな世界観をみせてくれるんだろうなぁ。

 

MCでちらっとでた話が懐かしくてちょっとじんわりとする。
最近クリープハイプのライブを見てると大体泣けてくる。

個人的な感傷。

そして、クリープハイプは曲がいい。これは間違いない。

 

良いライブだった。良いライブだったよ。
もうホールなんて、当たり前にやれるバンドです。クリープハイプは。

ラストのNHKホールまであと数本。

最後まで、格好良く走り抜けて下さい。

 

俺もまた頑張れるよ。ありがとう。

夏は東京です。

お疲れ様でございます。丑三つ時。

 

最近FBのシェアから記事書いてたりしてたんですけど、たまには僕の話しますね。

来週から上京します!

御存知の通り行ったり来たりの生活ですが、今回は長め。
秋口まではがっつり東京です。

長らく東京家なき子でしたが、今回の滞在中に拠点が決まる予定。
それに関しては、ちょっと面白い報告ができるかもしれませんので、お楽しみに。

 

この先の予定としては。

 

まずは7月16日のクリープハイプ@Zepp Tokyo!
行くのは武道館以来だけど、当然ながらのSOLD OUT。いやすげぇなぁ。

しかも今回は千原ジュニアさんと、共演。
僕が知るかぎりではそんな2マンライブは見たことないです。

どうなるんだろうか……楽しみですな。

クリープハイプ、置いときますね。

クリープハイプofficial web site

 

7月31日に仙台でLIVEやります、が。スペシャルバンドで。
元LEMONsのダディこと山下秋星氏とやりますよ。
鋭意準備中。

 

8月3日に艦これの初のオフィシャルイベントあるらしいんすわ。
とんでもなく混みそうだけど、今のところは出撃予定……。

第一回横浜観艦式予行

 

8月7日と14日にLEMONsのライブがあったり。

 

そんで16日はコミケ二日目ですが僕はコスホリ行く予定です。

コスプレ同人誌即売会コスホリック公式ページ

 

そして翌日17日、コミケ3日目。

コミケ出店デビューします。
本は、まだ出来てません。

いけんのか俺……。

8月17日 日曜日 東地区 ”G” ブロック 45a サークル名”GIRL/Fri.eND(ガールフレンド)”

よろしくお願いします……。

 

翌日の18日は、地元羽後町の無形文化財である、西馬音内盆踊りの三日目なんですよ。
ここだけスポットで秋田に帰りたいなーと思っています。

 

そこから飛んで9月6日はベイキャンプ行きますよ、今年も!

BAYCAMP

 

9月の締めは25日。

数年ぶりになりますが、三軒茶屋heaven’s doorでイベント打ちます。

 

 

と、いうイベントの合間で。働きます。

今回は長いので、またいろんな人に会いたいなというのは同然ながら、保留していたことをどんどん前に進めていこうかと思っています。

暑い暑いと働いるうちに、好きな秋が来て、さらに大好きな冬が来るので、調子が上がってくるはず。

今エンジンかけとくしかないでしょう、と思っています。

 

そんな感じで、東京おりますので、何かありましたらお声がけください。

どこでもいきますよー!

宜しくお願い致します。

近況報告的な。

黒夢のインディーズ再現ライブを見たり、クリープハイプの武道館2daysなんかをみたりしつつ、先月東京にかれこれ2週間くらい東京に滞在(仙台にもちょっといた)したわけですが、どっから話そうかな。

そう、まず4月12日に黒夢のライブ。
インディーズ時代の曲をやるっていう3daysの初日に行ってきましたよ。
インディーズ過ぎて爆笑。黒夢以前の清春さんのバンドの曲とか、反則です。
余りチケットを通して素敵な出会いもありました。

音楽サービスのアイデアをぶつけあったり少子化を憂いたりする友人とのランチ、お世話になっている方と会食なんかをしつつ、4月16~17日はクリープハイプの武道館2daysへ。

今日はクリープハイプが武道館に立つ特別な日だ、だった二日間。

『ねがいり』で目頭を熱くした。クリープハイプの次のステージに期待大。

そして翌日4月18日はLEMONsでライブ@三軒茶屋HEAVEN’S DOOR。
2月ぶりのライブだったけれど、いい匂いのするライブだった。
こんなスタンスだけど、一緒にやってくれるならちゃんこと楢山直孝に感謝。

お世話になっている前職の上司家族とBBQしたりしつつ4月21日、人生初めて高速バスに間に合わなくてショックを受けつつリカバリーして仙台前入り。

これまたお世話になっているフリーランスPAかつyuakの岩崎さんと前向きな酒を飲んでぶち上がりつつ、仙台の生んだオルタナモンスターcolossal youthのスタジオに乱入。

翌日4月22日は仙台enn 3rdでソロライブ。
エフェクトボードだけは郵送し、ギターはcolossalから借りるという斬新かつ投げっぱなしスタイルで、一人だけどバンドに負けない音量を垂れ流し、そのまま朝まで飲む。
colossal youthのライブを思いつきでUstreamしたりして、次につながればいいなってライブだった。

このまま秋田に変える予定だったけど、古巣gumiの所属部署であったVisual Art Crationがgumi studyなる勉強会をやるということで急遽参加。
元同僚の勇姿に感銘を受けつつ、普通にためになるので爆裂メモ。
そしておいしいお酒。

実家に戻り、友達の花見をしたり。
リフォームしたお家に伺ったりして、のんびり。

そして再び、5月3日上京。
艦これこと艦隊これくしょんのオンリーイベントへ。

その後は尊敬する先輩でもあり最高の友人でもあるTHE ANDS磯谷氏と密会。バッティングセンターからの多摩川。
夜は、三軒茶屋HEAVWN’S DOORで盟友michiru kimuraの爆裂DJでぶち上がりつつ、好きなバンドを堪能。もちろんそのまま朝だった。

5月4日は赤神をキープするべく赤髪をメンテナンス。そのまま買い物したりしてたら夜になってた。
ひさしぶりにEARに行き、そのまま深酒。

5月5日はコスホリック。からの吉祥寺WARPで鼻血が出るほど好きなMEAT EATERSを見る。

5月6日は人生初めてのコスプレイヤーさんの撮影会に突貫。なんか成長した気がする。
そして夜は東京FUZZ研の初セッション。
THE ANDS磯谷氏、FOOLAマサキ氏、DEADMANS工藤君と僕。
各々、熱く自分のエフェクトボードを解説した後は、ひたすらノイズ、ノイズ、ノイズ。
僕は磯谷さんのアンプの真ん前だったけど、三回ほど意識が遠のいた。次は配信予定してます。

んで……。
かえってきたのか、秋田に。

最近秋田にいるとなんもする気が起きないのは、東京にいる時のスケジュールな気がしている。
反動がでかすぎる……ちょっと自重しようかしら……。

とかいいつつ、16日からの上京は、すでに順調に予定が埋まってきております。
でもまだまだ余裕があるので、色んな人に会いたいです。
僕からも連絡しますが、連絡してください。

「いつから戻ってくるの?」

最近良く聞かれるんですが、まだ未定です……。
住むところがね、決まんないんですよ。

こう、こだわりがあるようで、ないというか……。
あそこでもいいけど、別にここでもいいよね、みたいな感じで、決め手が一切ないので、どうも決まらない。
悩みどころです。

とはいえそろそろ東京の拠点がほしいので、何とかしたいところです。
イイトコあったら紹介してください。

つかもう自分でシェアハウスやるのってどうよ、って最近思ってたりします。
どっかに家落ちてないですかね?

リスペクトする津田大介さんの津田マガ風に近況を書きなぐってみましたが、ここまで書いてそもそも需要があったのか?ということに気づく。

本当はこのうちの一つ一つを記事にしたいくらいなんですが。時間を見つけて可能な限りやりたいと思います。

とりあえず、一番言いたいこととしては、また東京行きますので。どうぞよろしく。

今日はクリープハイプが武道館に立つ特別な日だ、だった二日間。

今回の上京の一番の目的は、4月16日と17日の、クリープハイプ武道館2Daysだった。

 

クリープハイプは、もはや僕があれこれ説明するまでもなく有名だと思うので、余計な文章はなし。

僕とクリープハイプ、尾崎世界観との思い出話とか、完全に蛇足なのでなし。

 

とにかく、クリープハイプは武道館に立ったのだ。
あそこでまぎれもなく、2日連チャンでワンマンをやったのだ。

 

すげーー。

 

ほんと、ただただ、すごい。

 

満員の武道館と声援、どうみても人気者の彼らを見て、踏んできた場数に思いを馳せたりしたけど、よく見たら下北沢の小さいハコでやるのと同じような仕草を見つけたりして。

クリープハイプが、尾崎世界観が持っている「そのまんま」な感じが、素敵だと思った。
それが好きな人達は、きっとたくさんいると思う。

もちろん彼らはとてつもなく大きくなったし、良い方向へ変化したはずだけれど、「変わってない」んだなって思った。
まったくもって悪い意味ではなく。

 

すごく、好きな歌があって。

ライブのタイトルを見て憶測したりしながら、もしかしたらやってくれるんじゃないかなと思っていた。
新しいシングルに、再録されるらしいなんて話も聞いていたし。

 

16日の、ラストアンコール。
17日の、ラストアンコールの一曲前。

 

もう何年ぶりかわかんないぶりに、聞かせてくれた。

 

「今日は何にもない ただの日だ」

そんな歌を、武道館で歌っている尾崎世界観。

 

なんにもなくねーよ尾崎。
そこ、デイジーバーじゃなくて武道館だぜ。

 

たくさんの、何にもない日じゃない人達が、武道館に集まった。
クリープハイプのライブを見に。

 

素敵な夜を、ありがとう。

これからも応援してます。

 

ひとまずお疲れ様でした。

クリープハイプ_0417 クリープハイプ_0416