『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.01

7月22日~24日の日程で行われた、言わずと知れた日本最大級のロックフェス、フジロック。
去年初めて参加して感銘を受けた僕ですが、今年も当然のごとく行ってまいりました。

ただ、今回は拙いながら取材記事としてその内容を伝えていきたいという目的がありました。
ここから数回に分けて記事をUPしていきたいと思います!

音楽的なフェスの模様はもちろんですが、テントサイトにガッツリ泊まる組としての「フジロックの過ごし方」的な部分も、まだ参加二回目の初心者の視点でお伝えしていけたらと思います!

 


◎フジロック0日目、初の「前夜祭」からの参加へ

 

フジロックは3日間の日程で行われますが、実際は「5日」あるんです。
今回であれば、前日の21日からのテントサイトには入場可能で、夜には会場の一部が開放される前夜祭が行われ、終演翌日の25日12時まで(テントサイトに)滞在が可能。
つまりこれらを最大限に楽しむためにはテントサイトは非常によいということなのです!

 

去年、「来年は絶対前夜祭から参加したい!」と立てた誓いのままに、(仕事を持ち込んで)21日から参加です!

 

フジロックのテントサイトは三種類あります。

・キャンプサイト
・MOON CARAVAN(ムーンキャラバン)
・PYRAMID GARDEN(ピラミッドガーデン)

 

通常キャンプサイトは一人から購入可能で\3,000です。
フジロックに滞在する格安の手段なんても言われています。(アウドドア道具を用意して持っていくコストを考えなければ……)

IMG_5013_s

 

対してムーンキャラバンは「オートキャンプ」となっており、駐車場券とセット。
キャンプの区画も当然ながら通常キャンプサイトとは別の場所になります。
一区画は最大4名まで。(車を停めた上で、幕営できるエリアが大体4人用テント+αくらい)
規約にも、駐車場券一枚に対して3日間通し券は4枚以下の販売と明確に記載してあります。
そう、ムーンキャラバンチケットはそもそも「前夜祭からの参加が前提」とされているのです。(車の入庫時間が決められている!)
その上、通し券も2枚以上なので「吹っ飛んでいく額がでかい」のです。
家族やグループ向けのテントサイトと言えるでしょう。

IMG_5008_s

 

ピラミッドガーデンは「オフィシャルツアーバス利用者専用」となっております。
通常チケットとは別で、ツアーに参加しないと泊まれないエリア。
自前のテントも可能ですが、運営が設置したテントに泊まることも可能です。
ここは特設のピラミッドガーデン用の小さな会場もあり、なかなかよい雰囲気なんです。

IMG_5010_s

去年は通常テントサイトに泊まりましたが、今年はムーンキャラバンに泊まってみることに。

僕を含む3人のメンズで向かいました。


7/21は生憎の雨模様。
ニッポンレンタカーの錦糸町店で借りたHONDAのFITさんに結構な土砂降りの中、4日分のアウトドア道具と身の回りのものを積み込み。
自宅が12階なもので、なかなか荷物の運び出しは骨が折れるのですが……。
マジでコイツが有能すぎました。

今回はオートキャンプということで、会場には持って行きませんでしたが、テントサイトではかなり見かけた便利道具。
通常のテントサイトでは、駐車場から道具を運ばないと行けないのでアウトドアカートがあるとかなり便利。
会場で陣地を気づくために道具を運ぶ人、お子さんを乗せる人さまざまでしたが、タイヤがしっかりしててそこそこの悪路は余裕なのと、積み込める量がかなりデカイ。ちなみに3~4才児程度なら3人はいけると思う。
しまうときにのコンパクトさも素敵。

あと、赤い。

 

無事に積み込みが完了した後は、ハナマサへ。
会場は飲み物、食べ物であふれていますが、テントでキャンプするわけですから。
食材がないと始まりません。なんといってもムーンキャラバンは、直火以外の調理が可能なんです。
通常テントサイト・ピラミッドガーデンはもちろんできません。専用の自炊エリアにいかないとなんですよね。

とは言え、夏ですしクーラーボックスの性能も疑わしいので、まあ翌日中くらいまで持てば……というつもりで食材を購入。
冷えなくても飲めるアルコールを中心に、水も箱買い。
準備万端で、いざ苗場を目指します!!

 

7時に車をレンタルして、なんだかんだ出発したのは10時半ごろ。
目標では14時位を目指していたので、ちょうどよさ気な流れです。

行きは、1日目のアーティストを中心に予習しながら、休憩は一回で無事に新潟入りしました。
そこからのうねった坂道はなかなかヘビーでした……。
何度も後続車に道を譲りつつ、会場入り!!

先程も簡単に触れましたが、ムーンキャラバンは厳格に入出庫の時間が定められています。
今回であれば21日12時~17時入庫、出庫は25日の9時から12時の間となっていました。
これ以外の出庫はできず、エンジンもかけてはいけません。
間に合わないとチケットが無効になりどうしようもなくなるというドSぶり。
条件が満たせない人は購入しないようにしてほしい旨、しっかりアナウンスされてますけどね。

と、いうわけで。

IMG_4949_s IMG_4950_s

幕営完了!

からの、苗場簡易オフィス誕生です。

ここから、電源との戦いが始まったのです……。

 

僕のテントが見当たらなかったけど廃盤になったのだろうか……。
同じラインだとこちらのような、寝室とリビングが分かれているタイプだと、3~4人の場合楽しく過ごせます!!

 

というわけでレポート第一弾、まだやっと会場についたところまでですが……。

次回は前夜祭の模様をお伝えします!

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on GREE
Pocket
Share on LinkedIn

『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.01」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.02 | ABOUT A GIRL

  2. ピンバック: 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.03 | ABOUT A GIRL

  3. ピンバック: ABOUT A GIRL

  4. ピンバック: 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.04 | ABOUT A GIRL

  5. ピンバック: 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.05 | ABOUT A GIRL

  6. ピンバック: 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.06 | ABOUT A GIRL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です