『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.02

7月22日~24日の日程で行われた、言わずと知れた日本最大級のロックフェス、フジロック。

二度目の参加となる和賀の視点から、「テントサイトに泊まる、前夜祭から行くフジロック」をレポートしていきます。

前回は、苗場に到着して拠点となるテントを設営するところまでをお伝えしましたが、本日はやっと「前夜祭」の様子をお伝えしようと思います。

→前回はこちら 『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.01

 

◎前夜祭!……だけど終わらない仕事

フジロック本編は翌日22日金曜日からですが、前夜祭は当然その前日。21日木曜日から。
そう、当然仕事ありますよね! ということでテントな苗場オフィスでお仕事開始な僕です。

電波に関してはスマフォのテザリングで行くことにしました。問題は電源です。
土日はオフだとしても、翌日金曜日も仕事はあるのです。なんとか2日PCを持たせないといけません……。

はじめに目をつけたのがこれ。

23000mAhの大容量で、PCを約3~4時間持たせられる! ということでこれが2台あればいけんじゃない?
と、思ったのですが……。そんなに甘くなかった。
Surfaceに対応してないんですよね。
それ以外のメーカーはいい感じで対応していたのですが……残念。
ちなみにスペックや対応機種はこちらのページから確認できますよ。

僕とは相性が悪かったですが、ノマドな方にはかなり強力な相方になる気がします。
アウトドア先で仕事をするという最近やってみたいプランがある僕としては……むしろこれに対応してるノート買おうかなって勢いですわ。

 

ならばということで目をつけたのがこれ!

なんと、電源プラグをそのまま挿せるのです!
稼働時間は約2時間延長ということで、先ほどのモデルよりは見劣りしますが、残された手段はこれしかないと……!
しかし、またもや甘くなかった。買おうとしたら……ちょうどそのタイミングで品切れ!!

類似品をGET……!

性能がどう違うのかは、比べていないのでわかりませんが。
スペックやデザインはほぼ一緒!
どちらが先立ったかという話は、この際なしにしましょう……。

 

 

……今後のアウトドアを視野に、この辺りも検討していたのですが。
vol.1でもお伝えしたとおり、僕が泊まったムーンキャラバンは、オートキャンプではありますが停車後はエンジンをかけてはいけません。

動画などでも調べてみましたが、そんな中、発電機のエンジン音がOKなはずがないですよね。
しかも隣とすごく近いので。ということで断念しました。

 

……最終手段でこちらも用意しておきました。
これが悲劇を生むのですが……それはまた別の段に。

 

携帯の充電は心配していなかったのですが、かねてより欲しかったアイテムを追加しました。

あんまり天気が良くないという予報でしたが、曇りでも発電できるということでしたし、なにより自分の晴れ男パワーを過信して用意しておきました。

 

そんな感じの装備で、業務開始!!

 

そして、終わらない……。

 

フジロックの前夜祭では、盆踊りや、花火が上がるということは事前に聞いていたのですが。
19時を回って明らかに間に合わなそうな時間に……。

そして聞こえてくる花火の音

完全に乗り遅れつつ、会場に向かうのですが、結局花火は見れませんでした。
そしてここで気づく、ムーンキャラバンから会場までの距離の遠さ!!

噂には聞いていましたが、本気で遠かった……。
これに関しては明確にデメリットポイントとして上げるしかないと思います。

とにかく近くがいい! という方にはオススメできません。
ただ、逆に言えば非常に静か。

キャンプサイトに泊まると、結構上に登っても夜中の間ずっとRED MARQUEEステージの音がガンガンに聞こえてきます。
5時位にやっと音がやんで眠りにつくと……今度は6時位に暑さで起きる。

テントって、ものと張り方にもよりますが、直射日光をうけると基本熱いんです。

ムーンキャラバンはそれがありません。
夜は静かですし、一番高度が高い? せいか、会場と気候が違います。マジで。

寒いと思って一枚羽織って行ったら会場が暑くて失敗というのを何度もやりました!

 

なんだかんだ、ゲートを潜るまで約30分は覚悟しようと、前夜祭時点で確認しあうチーム和賀。
ついに、帰ってきましたフジロック!!

IMG_4954_s

前夜祭ではOASISという一番飲食ブースが固まっているエリアとRED MARQUEEというライブハウスを模したステージが開放されています。

ついた頃には2日目のFIELD OF HEAVENに出演するCON BRIOがノリノリでライブしておりました。

フジロックが始まったんだ……! という感慨を噛み締めつつステージを堪能して、今日のところは何も食べずにテントへ。

残りの仕事を突きつつ、ハナマサのお肉を突くのでした。

 

夜は苗場プリンスホテルの温泉へ!!

ここがムーンキャラバンのもう一つのメリットになります。

テントサイトに泊まった場合、24時間営業の簡易コインシャワーと温泉が使えるのですが、それとはまた別の温泉になります。
空いてるんです、これが。

去年は、混みっぷりで断念して温泉には一度しか入らなかったのですが、疲労でぶっ倒れた2日目夜をのぞいて、今年は全日入ることが出来ました。

 

……そこから翌日からの本番に向けてオールナイトの仕事に入る僕でした。

 

という感じで、前夜祭から行ったのに、前夜祭的なコンテンツをまったく堪能できずに終わった、初0日目!

でも、後悔はしてません。フジロックの空気を一日でも長く楽しみたい方には、0日目からの参戦をオススメします!!

 

次は、やっぱりほとんど仕事してたけど……な1日目のレボートです!

 

『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』 レポートvol.01

7月22日~24日の日程で行われた、言わずと知れた日本最大級のロックフェス、フジロック。
去年初めて参加して感銘を受けた僕ですが、今年も当然のごとく行ってまいりました。

ただ、今回は拙いながら取材記事としてその内容を伝えていきたいという目的がありました。
ここから数回に分けて記事をUPしていきたいと思います!

音楽的なフェスの模様はもちろんですが、テントサイトにガッツリ泊まる組としての「フジロックの過ごし方」的な部分も、まだ参加二回目の初心者の視点でお伝えしていけたらと思います!

 


◎フジロック0日目、初の「前夜祭」からの参加へ

 

フジロックは3日間の日程で行われますが、実際は「5日」あるんです。
今回であれば、前日の21日からのテントサイトには入場可能で、夜には会場の一部が開放される前夜祭が行われ、終演翌日の25日12時まで(テントサイトに)滞在が可能。
つまりこれらを最大限に楽しむためにはテントサイトは非常によいということなのです!

 

去年、「来年は絶対前夜祭から参加したい!」と立てた誓いのままに、(仕事を持ち込んで)21日から参加です!

 

フジロックのテントサイトは三種類あります。

・キャンプサイト
・MOON CARAVAN(ムーンキャラバン)
・PYRAMID GARDEN(ピラミッドガーデン)

 

通常キャンプサイトは一人から購入可能で\3,000です。
フジロックに滞在する格安の手段なんても言われています。(アウドドア道具を用意して持っていくコストを考えなければ……)

IMG_5013_s

 

対してムーンキャラバンは「オートキャンプ」となっており、駐車場券とセット。
キャンプの区画も当然ながら通常キャンプサイトとは別の場所になります。
一区画は最大4名まで。(車を停めた上で、幕営できるエリアが大体4人用テント+αくらい)
規約にも、駐車場券一枚に対して3日間通し券は4枚以下の販売と明確に記載してあります。
そう、ムーンキャラバンチケットはそもそも「前夜祭からの参加が前提」とされているのです。(車の入庫時間が決められている!)
その上、通し券も2枚以上なので「吹っ飛んでいく額がでかい」のです。
家族やグループ向けのテントサイトと言えるでしょう。

IMG_5008_s

 

ピラミッドガーデンは「オフィシャルツアーバス利用者専用」となっております。
通常チケットとは別で、ツアーに参加しないと泊まれないエリア。
自前のテントも可能ですが、運営が設置したテントに泊まることも可能です。
ここは特設のピラミッドガーデン用の小さな会場もあり、なかなかよい雰囲気なんです。

IMG_5010_s

去年は通常テントサイトに泊まりましたが、今年はムーンキャラバンに泊まってみることに。

僕を含む3人のメンズで向かいました。


7/21は生憎の雨模様。
ニッポンレンタカーの錦糸町店で借りたHONDAのFITさんに結構な土砂降りの中、4日分のアウトドア道具と身の回りのものを積み込み。
自宅が12階なもので、なかなか荷物の運び出しは骨が折れるのですが……。
マジでコイツが有能すぎました。

今回はオートキャンプということで、会場には持って行きませんでしたが、テントサイトではかなり見かけた便利道具。
通常のテントサイトでは、駐車場から道具を運ばないと行けないのでアウトドアカートがあるとかなり便利。
会場で陣地を気づくために道具を運ぶ人、お子さんを乗せる人さまざまでしたが、タイヤがしっかりしててそこそこの悪路は余裕なのと、積み込める量がかなりデカイ。ちなみに3~4才児程度なら3人はいけると思う。
しまうときにのコンパクトさも素敵。

あと、赤い。

 

無事に積み込みが完了した後は、ハナマサへ。
会場は飲み物、食べ物であふれていますが、テントでキャンプするわけですから。
食材がないと始まりません。なんといってもムーンキャラバンは、直火以外の調理が可能なんです。
通常テントサイト・ピラミッドガーデンはもちろんできません。専用の自炊エリアにいかないとなんですよね。

とは言え、夏ですしクーラーボックスの性能も疑わしいので、まあ翌日中くらいまで持てば……というつもりで食材を購入。
冷えなくても飲めるアルコールを中心に、水も箱買い。
準備万端で、いざ苗場を目指します!!

 

7時に車をレンタルして、なんだかんだ出発したのは10時半ごろ。
目標では14時位を目指していたので、ちょうどよさ気な流れです。

行きは、1日目のアーティストを中心に予習しながら、休憩は一回で無事に新潟入りしました。
そこからのうねった坂道はなかなかヘビーでした……。
何度も後続車に道を譲りつつ、会場入り!!

先程も簡単に触れましたが、ムーンキャラバンは厳格に入出庫の時間が定められています。
今回であれば21日12時~17時入庫、出庫は25日の9時から12時の間となっていました。
これ以外の出庫はできず、エンジンもかけてはいけません。
間に合わないとチケットが無効になりどうしようもなくなるというドSぶり。
条件が満たせない人は購入しないようにしてほしい旨、しっかりアナウンスされてますけどね。

と、いうわけで。

IMG_4949_s IMG_4950_s

幕営完了!

からの、苗場簡易オフィス誕生です。

ここから、電源との戦いが始まったのです……。

 

僕のテントが見当たらなかったけど廃盤になったのだろうか……。
同じラインだとこちらのような、寝室とリビングが分かれているタイプだと、3~4人の場合楽しく過ごせます!!

 

というわけでレポート第一弾、まだやっと会場についたところまでですが……。

次回は前夜祭の模様をお伝えします!

発信していくということ。

新入社員(猫)から「暑すぎなんですけど、訴えますよ(暴力に)」と毎日脅されるので、生まれて初めてエアコン買いました。赤髪です。

公式サイトのほうで、AAGメンバーがそれぞれブログを書いてくれています。
CONTENTSからご覧になれますので、ぜひよろしくお願いします。

書評からアニメのこと、音楽ブログに広報の羽那の絵日記、エンジニア見習いの記録等々……。
文章の得手不得手がある中、それぞれブッコミでやってもらっています。当然至らない点もありますが、コンテンツとしてこれらが育っていく様も込みで見守っていただけたら幸いです。
またメンバーのイラストレーター化、エンジニア化プロジェクトなんかも同時並行で走っているので、そういう意味での定点観測的な体を張った企画でもあったりします。

会社として受託業務がメインの現状ですが、本当であれば自社開発をしたいところではあります。
とは言えできたばかりの零細なのでそんな体力もなく、というのが現実です。
そんな中、せめて毎日何か発信していけたらと思う日々でした。

僕自身がメインのプレイヤーということもあり、日々は会社としていただいた業務でなかなかに手一杯。
やりたいことはあるんだけどなぁ、とつぶやきながら一日が終わっていく。そんな毎日。

ですが今やっと、メンバーの力を借りて小さく発信をしていけるようになりつつあります。
ただのブログっちゃブログなのですが。
それでも何かがこうして動いているというのは、会社的にも僕の精神衛生的に素敵なことです。

小さなことからコツコツとやっていくしかない状況ですが、いずれその一つ一つが繋がってAAG的に大きな流れになっていけばなと思っています。

……来年は、小さくてもいいからゲーム出したいです。笑

最近はひとりぼっち惑星なんかに勇気をもらった僕でした。

メンバーに無理くりミッションを与えたので、姿勢をしめすために僕も同じ本を買いました。笑
一年後には自分の手動かしたりして……あり得る未来。

必要にデスクに登ろうとする猫を片手で牽制しながら。

いとこのなごみちゃんが耳かきしてくれたので今日はもう寝ます。

僕ね、いとこ、いないんですよ。
小さいころに親戚の家に遊びに行って、同い年くらいのいとこと遊ぶ、という経験は皆無なわけで。
その、幼なじみ的なエピソードすらも内包したいとこ体験って、もうこの人生では味わえない未知なわけですよ。

それがね?
なんでもVRゴーグルがあればね、いとこに会えるっていうんですよ。
不思議な話ですね。試してみました。

 

 

 

 

 

 

screen322x572
いとこのなごみちゃんです。
小さい頃はよく遊んだんですよ。いわゆる幼なじみ的な?
でも最近はめっきり会ってなくて。
でもね、久しぶりに連絡くれて。たまには帰ってきたら? とか言うんですよ。
帰るよね。俄然帰るよ。こんな可愛いいとこにそんなこと言われたら速攻有給申請ですよ。自分に申請ですよ。
でもなごみちゃん携帯とか持ってなさそう。LINE絶対やってない。達筆の手紙くれそう。
着物だし、庭は日本庭園だし。

 

まぁ、ひさしぶりなんでつもる話もしながらね。
それにしてもなごみちゃん大きくなったなー。
子供の頃はたくさん遊んだけど、なんつーか今は、大人の女性……?
一緒にお昼寝とかしたのに。ちょっと僕、緊張してます正直。

 

なごみちゃん、僕の顔を見るなり言うわけ。疲れてない? って。
めっちゃ疲れてる。さすがなごみちゃんなんでもお見通しだよね。
三徹とかほんともうレッドブル飲みたくないしチキンラーメン食べ飽きたよね。

ファイル-2016-07-02-0-38-35

え……なごみちゃんそれ、何持ってるの?
めっちゃ刺さりそう。VRリアルでめっちゃささりそうなんだけどそれなに、耳かき?

……え、耳かきしてくれるんすか!!!
ファイル-2016-07-02-1-01-05

日本庭園を眺めながら、いとこに耳かきをされているわたくし。
ちょっと照れる? やめてよなごみちゃん、膝枕してもらってる僕の気持ちはどうなるんですか。勘弁して下さい。

 

ファイル-2016-07-02-0-39-05

上を見ると……なごみちゃんの顔が!!
急に動くと危ないじゃん、ってそうだね、ごめんねなごみちゃん。
割と古風な感じだけど、じゃんとかいっちゃうのね、なごみちゃん。現代っ子で安心した。
あと……その、胸……おっきく、なったね……?

 

ファイル-2016-07-02-0-38-35

そんなね、なごみちゃんが言うんですよ。
最近帰るの遅いんでしょう、って。
うん遅いよ。むしろ帰ってなかったりするよ。帰ると猫が爪を立てて殺しにくるよ僕エサじゃないです。
無理しないでね、って。いつも心配してるからねって、なごみちゃんがね……いうんです。

ありがとうなごみちゃん。
僕、今日はもう寝るわ!!
仕事は週末たっぷりやれるからね!!!

 

 

 

 

 

ファイル 2016-07-02 1 06 19

外から見るとこんな感じ。

 

という夢に浸れる『なごみの耳かきVR』がApp store/Google playでDLできます。

VRっていいねって思える体験でした。でもゴーグル重いわ。文明もっと進め!!