音楽と、マーケティングとか、自己プロデュースとか。

ものは創っただけじゃあ売れなくて、売れるように宣伝をしたりしないといけない。

八百屋の親父さんはお店の前で安い大根を宣伝してるし(最近そんな光景見ないか) 居酒屋のバイトはサラリーマンを今日も捕まえている。

 

いい音楽を創っても、そのまま売れるはずはない。

誰かが見つけてくれるかと言ったら、見つけてくれない。

口コミ、なんて言うけれど、人はちょっとやそっとじゃ動かない。

 

一生懸命宣伝することは、とっても大切なんです。

 

THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)

 

ちょっと長いけど。いい記事でした。

THE NOVEMBERSを本気で世に知らしめようとしている人達が、今何をしているか詳細が書かれています。

メジャーというところに行けば、当たり前のことではあると思うんだけど、バンドだけで音楽やっているわけじゃなくて、こういうチームで作品を作っていくんですよね。

今回は写真の話は出てこなかったけど、カメラマンなども、もちろんこういう場合とても重要なポジションを占めるわけで、前の記事なんでさらっと書いた事は詳しく言うと、上の記事みたいなことになる。

専門家達が己のジャンルで、「コンセプト」に沿って全力でクリエイトする。そして世界をチームで構築していく。

その情熱は、バンドが作品とつくり上げる情熱と何ら変わらないのです。

 

大変なのは自分だけじゃないぞよ、バンドマン。

 

広告だマーケティングだ戦略だというと、「なんだよ金の話かよ。」的な反応とか「ロックじゃねー。」という反応がおそらく返ってくるんですが、それならそれでいいです。

こればっかりは、分かりたくない人はそのままじゃあ頑張ってください、ということでしかなくて、分かりたくない頭で分かろうとすることは難しいのです。

僕もバンドマンなので、何も言えない。なんというか、そういうのが、「バンド」だもんね。

 

なので僕は今。「ロック」という言葉があんまり好きじゃない。

というか、ロックと言う言葉を知らず知らず言い訳的に使って人が割と多いことに辟易している。と言ったほうが正確かも。

あ、それ以前に僕はグランジでした。

 

なんとなく純粋じゃない、という感覚的にこういう話を嫌悪するのは、それもまた仕方ないことだと思う。

創作とは、表現とは、それは高尚なものであって神が宿るもの。である。はずなので。僕も半分くらいはまだ信じてます。

金の話とか、ビジネスっぽい話になると、その精神が汚される感じがする、というのも理解はできるし、僕も絶対前はそうだった。

 

その上で、とはいえ有名になりたいとか、自分の基準値までは到達したいとか、そういう話にやっぱりなるのなら。

ある程度は向き合ったほうがよくないすか。

 

視野は広く持った方がいいし。広くって言うのがアバウトだというのなら、ニュース見て、世の中の動きに興味を持つとか。ほんとそのレベルでも違うと思う。

何が流行っているのか、人々がどっちを向いているのか。とても大切なことですよね。

 

紹介した記事内でもこんな言葉が出てくる。

 

雑誌広告はお金を払って購入しているわけですから、ターゲットつまり読者の音楽への関与度は高いといえます。しかし、だからといって11月号の「音楽と人」とでいえば、雑誌購入者の何割がTHE NOVEMBERSを知っているでしょうか。何割が興味があるでしょうか。

―THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)より―

 

世の中にいる人は、圧倒的に君に興味が無い。

そんな人達から興味を勝ち取ることは並大抵のことではなくて、音楽のことだけ一生懸命考えていてもダメなんです。

もっと知ってもらわなければいけないし。

音楽以外でも、どんどん自分を発信していく必要があるはずです。少なくともここは間違いなくクリアしないといけないと僕は思っています。

自分の武器を、知る必要がある。自分をプロデュースする必要がある。

 

尾崎世界観が責任編集、雑誌「SHABEL」創刊

 

音楽人が、何も音楽だけやってなきゃいけないわけでもない。

アーティストだ、なんていうのなら、その自分という存在を構成する要素は全て意味のあるものになると思うし、興味があったり情熱が注げるアイテムがあるのならそれは全て武器。

音楽だけやってるのが純粋で美しい。ということも、もちろんあったとして、じゃあそれが正解かと言ったら僕は違うと思うね。

 

浮上するためには、自分の全てを使って、あらゆる手を尽くす必要がある。

魅力的な存在になる必要がある。そして人を巻き込んでいく必要がある。

何かを作るために、別の専門家と手をつなぐ必要がある。そして尊重する必要がある。

その上で一緒に作り上げていく。新しい世界を。

 

そんなことを、考えてみませんか。

 

 

大変なのは自分だけじゃないぞよ、バンドマン。

最近の雑記なんですが。

なんか音楽のことをちょっと語ったりしている事と、関係があるのか。
友人と音楽の話をすることが多い。

この前は高円寺で、The ズズザザズのトモさん(@tmhs_ymgch)と、ランチをしながら飲んだ。
長い付き合いだけど、実はサシで飲んだのって初めてなんじゃないか疑惑があったんだけど……。どうすかトモさん。

この前書いた記事、「改めて聞きますが、音楽で売れたいんですか?」を読んでくれて、ちょっとはなそーぜ、ってなったのだった。

まぁ僕もトモさんも、いわゆる下北系世代、ギターロック世代からあのへんをウロウロしていて、お互いバンドもいつくか変えて今にいたり、大人になってもまだやっている、という人間なんだけれども。

なんというか、今の自分の立ち方には納得した上でバンドやっているという感覚は共通していると思う。

続けるというのはそういうことなんだと思う。
絶えず何かを求め続けてもいるけれども、自分が立つ場所に関しては、自分にしか折り合いを付けられる人間はいないから。
そこを疎かにしてはいけないと思うのです。

 

そして、これまた最近友人のカメラマンと飲んだのです。

とても考えさせられた。
バンドマンの視野の狭さにも繋がる話であった。

なんだかあんまり掘り下げると、また反感を買いそうな内容であるのですが書きます。

 

バンドマンはおそらく、音楽以外のこと、自分たちの以外のことはあんまり信用できていないのではないか。
おそらく。インディーズに限っては特に。

 

アー写って、真剣に撮ったことがありますか。

携帯のカメラで撮ったものから、デジカメ等々で友人に撮ってもらったもの、あるいはカメラマンと言われる方にとってもらったもの。

アー写と呼ばれるものは溢れているので、その中に上記のような物が混在している状況だとは思うのですが。

 

全部同じだと思ってませんか。

 

同じように見えていたとして、それは、逆張りでもありますよ。

自分の音楽もまた、そのように見られている可能性がある。

 

つまり「価値」がわからない人間には、ピンもキリも大差がないということなのです。

 

スタジオを一発撮りした音源と、数十万数百万円の予算でスタジオ録りした音源が、全く並列して聞かれるという状況は今も昔もあったわけですが、今この時代、それは過去より顕著でしょう。
iTunesに取り込んで、イヤフォンで聞いている時点で音質なんてもはやどうでもよい話となり、リスナーが聞いているのはもっと他の部分であったりします。

つまり音楽人が必死に創りだそうとする「差異」の部分に同じように価値を見出してくれる人は、同じようには存在しないということ。

 

しかりこれに苛立ちを覚えるバンドマンが、同じような態度を取る場合がある。

それは、自分たちに「価値」がわからないことに対してです。

 

例えば、ものすごく身近なはずの「アー写」です。

今は携帯内蔵のカメラの性能も、デジカメの性能も飛躍的に向上して、それっぽいものはいくらでも取れるようになった。
まるで、バンドマンにとっての録音環境のように。

ただ、バンドマンは言うでしょう。

この音を撮るためのこうした。何回やり直した。こんなにいいエンジニアを使った、スタジオ使った、楽器を使った。
だからこんなに素晴らしいものが撮れた。

 

それは、ジャンルが違えど言えることです。

カメラマンという職種があって。

その人達の機材へのこだわり、アングル、構図へのこだわり。コンセプト、それに伴う衣装、ライティング……などなど。
そして技術。信念。。

身近なアー写を撮ってくれる人達、「カメラマン」も、同じようにものづくりをしているアーティストなのですよ。

 

ものづくり、表現者というのもは、「理解されない」ことにどう立ち向かっていくかという事がある種、命題だとも思っています。
なので、理解されない、認められない、価値が分かってもらえないのは、当たり前に直面する出来事ではあるのですが。

 

それは自分たちだけじゃないということを理解しておいたほうがいい気がします。

 

カメラマンにアー写をお願いしたとして。
彼らは、バンドマンが音源を作るのと同じような情熱で写真を撮っている。作品を作っているのです。

その行為に対する情熱を理解できないのであれば、気安く頼むべきではない。
なぜならその仕事を軽視するから。だって理解できないんでしょう?

 

彼らは、作品を作るという情熱、欲求と同じくらいの勢いで、撮った写真の被写体に活躍してほしいと思っている。
それは相互作用というやつです。

善意という話ではない。
写真というのは、元来、広告的な要素と切っても切れない深い関係がある。

バンドマンもアー写を取るのは、ビジュアルという面を強化して、それをプロモーションとして活かそうという理念でやっているはずなのだから。

 

話がとっ散らかって来たけどさ。
つまりは、アーティストを自称するのであれば、同じアーティストの仕事を軽視してはいけないと思うのです。

カメラマンがボタン押してるだけに見えるとしたら、それは逆張りで考えた方がいい。
君も、ボタン押して演奏して、録音していると思われている可能性があるということです。

そう思われていたらカメラマンが悔しいように、君も悔しいはず。
レコーディングというのは、マイクとたくさんのつまみとフェーダーと……これ以上は言わないけど。

 

そういう、見えないようなこだわりと労力で差異を生み出そうと必死になり、それを伝えようとしている者ならばこそ、同じような戦場で戦う人の仕事は尊重したい。

アー写をカメラマンに頼むときは、そういう想いを持って行動してほしいなと思いました。

 

大変なのは自分だけじゃないんです。

「バンドで飯を食う」をぬるーく電卓叩いてみると、こうなる。

そろそろ、売れない社会人バンドマンとして、10年以上バンドやってきて感じたことを発言していこうと思っている和賀です。

最近こんなこと書きました。

 

改めて聞きますが、音楽で売れたいんですか?

 

今日は、ちょっとぬるーーっと数字のことを考えてみたいと思います。

 

バンドで飯を食う。

バイトをやめて、バンドの収入だけで生活していく。

毎日、音楽に集中した日々を過ごす。

 

これは、世にあふれるバンドマンの夢、目標、だと思う。

 

でも、割と「じゃあどうすればいいんだろう」が抜け落ちている。のが常だと感じている。(自分も間違いなくそうだった。)

 

数字って、分かりやすいですよね。

「音楽だけで食えている」と言う状態は、一体どれくらいなもんなのかというのを、ざっくり計算してみたいと思うのですよ。

 

<都内近郊在住のバンドマンA君の生活費>

家賃 \45,000

光熱費 \10,000

通信費 \15,000 (携帯代とネット代という想定)

食費 \30,000 (一日\1,000の場合)

スタジオ代 \15,000 (一時間\2,500のスタジオで一回3時間を週二回、これを4週やって、バンド4人で割った場合)

交通費 \10,000 (目的地への往復を一回\700とし、スタジオ8回、ライブ2回 +αとして\3,000とした場合)

ライブ出演費 \4,000 (バンドで食えてるのでノルマは払っていないという計算。機材費のみ)

雑費 \21,000 (お小遣い含む)

————————————

合計 \150,000

 

数年前を思いだして今泣きそうなんですけど、まさにこんなかんじだったなぁ……。

これにノルマ入るし、お酒好きだし、全然足りなかった。

税金は? というツッコミ、ありがとうございます。

そう、それね。

 

……いれましょうか?

 

じゃあ、税金込で、バンドマンA君の月の必要経費は\200,000としましょう!!

 

バンドマンA君は、4人バンドを組んでいます。

彼らは現在、バンドでの収入しかないので、バンドの売上を折半して、生活費としている事になります。すると。

 

<都内近郊で活動する、バンド∀の必要収入>

 

\200,000 × 4(人) ×12(ヶ月) = \9,600,000

 

約一千万……。

小さい会社レベルですね。

よく考えたら、大人4人食べていくって、そういうことなんですけどね。

 

これを何で稼ぐかって話なんですけど。

とりあえずCD売ってみましょう。

バンド∀はインディーズバンド。メジャー流通はかけてません。すべて手売りで頑張ってみます。

 

<バンド∀が1,500円の自主制作CDの売上だけで生活する場合>

\9,600,000 ÷ \1,500 =6,400(枚)

 

月533枚ペースで売らないといけないようです。

値段上げてみましょうか?

 

<バンド∀が2,000円の自主制作CDの売上だけで生活する場合>

\9,600,000 ÷ \2,000 =4,800(枚)

 

月400枚ペースですね。

ライブが2回だとしても一回200枚売らないといけません。

これは通販とか考えたほうがいいですね。

 

でもバンドって、物販もあるよね!

よくツアーバンドはTシャツを売ってツアーを回るという言葉もありますから。

じゃあ、年間の打上げの1/3くらいはTシャツで行きましょう。

ライブにTシャツ着てきてくれたら嬉しいもんね。

 

<バンド∀が2,000円のTシャツで年間の売上の1/3を埋める場合>

 

\9,600,000 ÷ 3 ÷ \2,000 = 1600(枚)

 

月133枚ペースで売らないといけません。Tシャツ屋できそう。

これ、ライブハウス全員がバンド∀のTシャツを着ているという事案が発生しますね。それってワンマンなのでは。

 

忘れちゃいけない。ライブってギャラがもらえるんでしょう!?

……これに関してはまた別の機会に詳しく語るとして、もらいましょう、ギャラ。

チケット1枚目から50%バックしてくれるライブハウスに出演することにします。あんまないけど。

この売上も、年間の1/3くらいいきたいですよね。

 

<バンド∀が2,000円のチケットのバックで年間の売上の1/3を埋める場合>

(\9,600,000 ÷ 3) ÷ (\2,000 × 0.5) = 3,200(人)

 

月266人ペース。

ワンマン二回やってしっかりどちらも埋めるイメージですかね? すごい、売れてる。バンドで飯食うってそういうことになるんですね!

そしたらさっきのTシャツ話も現実味を帯びてきますね。

 

というところで、2/3はTシャツと動員で埋めれたわけなので、改めてCDを考えてみましょうか。

 

<バンド∀が1,500円の自主制作CDで年間の売上の1/3を埋める場合>

\9,600,000 ÷ 3 ÷ \1,500 = 2133(枚)

 

月177枚ペース!

さっきよりは全然現実的ですね!!

 

 

以上です。

表題の通りぬるーい計算なので、音源や物販を作る経費は含まれてないし、ワンマンをやるにしてもハコ代かかるしね。
フライヤー刷ったり、撮影したり、HP発注したり……なんてその辺もまーったく考えてません。

あと、飲み代が、足りない。

 

ただただ、ざっくり計算しただけ。

 

でも数字にしてみると、分かりますね。

現状と比較できると思います。

さて、どれくらい達成できてますか!?

 

LEMONsは全ッ然ですよ!?

なので我々は、社会人バンドマンの道を粛々と歩んでおります。

 

一体どれくらい売ればいいのか、一体どれくらい呼べばいいのか。

あんまり考えたことなかったのなら、一回計算してみるといいかも?

 

バイト辞めれる日が近づくかもしれませんよ。

 

※尚、登場しているバンドマンA君とバンド∀は架空の存在です。実際に存在するAと言う名前のバンドマンと、あるかもしれないバンド∀とは関係ありませんので、あしからず!

無料アプリ『俺のストーカー』が、カワイ尖ってしかも面白い。

こんばんは。

ちょっとディレクターっぽい案件を受けて、いきなりメリハリ生活に突入した和賀です。

毎日10時半にSkypeで打合せ! でも今朝はパジャマでしたけどね! なんかホントすんません!

 

昨日、荒城ルーン氏から紹介いただいて、見事ハマった挙句、スパムのようにTwitterとFacebookにポストをばらまいた、App Storeの無料ゲーム『俺のストーカー』がね。面白いんですわ。

昨日の時点で、App Store無料総合ランキング1位だったらしいのです。(自分の目では確認していない)

しかし、2014年10月9日23:42現在でもまだ2位です。

IMG_4888

 

 

あの、上下を天下のLINEさんに挟まれて、おそらく低予算で開発されたと思われる、この『俺のストーカー』が確かにランクインしています。

これはとてもすごいことなのではないだろうか! 一体どんな会社が作ったのだろうか? と見てみると。

 

 

©Satoshi Kayao

 

 

これ、ひょっとしたら個人で作ったんじゃ……。

色々検索したけど、HPらしいものがヒットしないところをみると可能性は濃厚です。

確かにこんな尖った内容、会社じゃ出しづらいだろうけど……。だって、iPhoneでアイコン見ると短縮タイトルが「ストーカー」なんですよ?

IMG_4893

 

 

ストーカー。

 

俺スト、とかでも良かっただろうに。

 

ストーカー。

 

この辺りで僕の心はすでに鷲掴みだったんですが、内容もよかった!

ざっくりストーリーを紹介すると、主人公のお友達の、うざいモテ男がいるんです。

 

2014-10-09 23.28.04

 

コイツ。

マジで芸術的にうざいんですが、それは是非プレイしてもらうとして、彼はモテすぎるがゆえに、日々ストーカーに追いかけられているんですね。

そんな中、最近ちょっと目立った、しかも特殊なストーカーちゃんが現れたと。

 

2014-10-09 23.28.13

 

ストーカーちゃん。

 

あれ、可愛い!

 

そう、ストーカーちゃん可愛いんですよ結構。

このゲーム立ち絵が割と可愛い。ポイント高い。

 

さて、ストーカーちゃん、何が特殊かというと。

モテ男につきまとう有象無象のストーカー女達を、勝手に追っ払っちゃうんだそうです。

どんな方法で?

 

……とここからがゲーム画面です。

 

stakerth_1924

 

ちょっと見たらわかると思いますが。そう、上下のアイコンね。

おもいっきり他ゲームのです。

無料ということもあって、つまりは広告用の動線アプリなんだと思います。

右上の「ストーカーちゃんと秘密の部屋」なんかも、ホイホイ開くと、思いっきり広告ですから。

 

ただね。

ゲーム部分がちゃんと作ってあるんですよ。

広告さえ無視すれば割と遊べます!

 

なんせキャラが可愛い。

 

2014-10-09 23.28.58

 

この可愛い「アイツ」ことストーカーちゃんが、様々なアクションで、ストーカー女を撃退していきます。

Lvが上がるごとにお話が開放され、モテ男のウザっぷりにイライラしつつ、時折挟まれる小ネタに笑いつつ。

エスカレートしすぎる「アイツ」に夢中になります!

 

見た感じ15話+αですが、その一話一話で「アイツ」のビジュアルが変わり、アクションも変わる。

1「アイツ」につき2アクション。

これ、凝り過ぎってくらい素材準備してる……。

しかも、敵? のストーカー女のビジュアルも多数。

レアストーカーなるものまでいて、コンプ欲もそそられる。

 

screen568x568

 

 

しかも、撃退数で、一枚絵のイラストも見えるという要素も……。

 

そして。

 

2014-10-09 23.29.06

 

 

うすーーーく、課金要素もあり。笑

非常によく出来ている!

荒城氏の言葉を借りるなら「低予算アプリの鏡」です!!

 

いわゆる放置ゲーですね。

ひとしきりストーカー女を撃退すると、しばらく出てこないので、そのまま放置か、一旦閉じて、また気ままに触る感じです。

飽きる人は一瞬で飽きると思うけど、僕は先のお話みたさにまだやってます。笑

 

とっても可愛いビジュアルに騙されがちですが。

「アイツ」がやってることは明らかに「猟奇ゲー」!!!

 

いやーーー。

尖ってる。笑

 

ひさしぶりにいいもん見たって感じでした。

 

無料なので、暇つぶしにでも是非触ってみてください!

 

以上。

ちょっとゲーム紹介っぽ事に挑戦してみた、の回でした。

改めて聞きますが、音楽で売れたいんですか?

昨日、she’sとか東京真空地帯@ShinkuOfficialでドラムを叩いているszkちゃん@suzakuchanとひっさびさに飲みました。at 登戸、金井商店。

szkちゃんとはかれこれ7、8、9年……だいたいそれくらいの付き合いです。

 

最近どうよ、的な話に花を咲かせつつ、どうしても音楽のお話になりますよね。

szkちゃんは非常に感覚が近いので、話が通じて嬉しいのですが。

最近、僕が持論として思っていることを話したりして、だよねー、なんて言いながら楽しく飲みました。

 

機会があったら話そうとは思ってたんですけど、そろそろ小出しにしていこうかな……。

多分間違いなく叩かれるので、あんまり言わんほうがいいかなと思っているけど……。

 

じゃあちょっと、話の角度変えましょうか。

 

今日読んで、面白かった記事を紹介。

「4つ打ち」の次にくる邦楽バンドシーンのトレンドとは?

すっごい乱暴に要約すると、最近の四つ打ち事情から、その人気が陰っていることを説明。

これからは「ブラックミュージック」が来ますよ、というところからの結局は『SATORI』というバンドのプロモーション記事(な気がします。)

今流行のネイティブ記事ってこういうことか!? と一人で思ってたりしてたけど、それはいいや。

 

これ読んで、どう思いますかね?

もっと言うと、なんにも感じないか、おっ!マジか!って思うか、もしくは嫌悪感を抱くか。

 

それによって、その人の音楽のスタンスが分かる気がします。

どれがどうだって話はあえてしませんが。

 

ちなみに僕は「なんにも感じない」の方ですかね。

 

その心は!

別に何が流行ろうが関係ないからです。

流行ってるから聞くかって言ったらそんなことはなく、好きか嫌いかなので。僕が音楽を聞く基準って。

「でもそればっかりになったらうざいじゃん!」って話ももちろんあるかと思いますが、そもそも最近の曲はほとんど追いかけていないので、そんなことにも気づかない可能性が……。

最近、やっと自分の音楽傾向が偏っていることを認める気になりました。

僕、本当に90年台が大好きみたいです。

 

そんなもんです。

 

ただ、「流行っているから聞く」人はいるんですよ、世の中。

単純に「流行り」を追っている人。

流行っていることでよく耳にするから聞き始める人。

こういう人達は、いわゆるブームを作る人達です。

 

なぜか。

まず、数が多い。そして、周りの影響を受けやすいのでハードルが低い。そして拡散したがる。

とは言え、スポンジのように何でも吸収してくれるわけでは決してないというのが悲しいところ。

わかりやすいものに流されやすいということは、逆に言うとわかりにくいものには全然反応してくれないということでもあります。

ここに関しては、根拠を提示しろ、と言う話になると今回はちょっと面倒くさいので、選挙でいうところの「浮遊票」のようなものだと思ってください。

けっこう、感覚的にイメージ伝わる気がしているんですが。

 

 

バンドマンの話にしましょうか。

 

例えば、LEMONsに四つ打ちの曲、ありません。

 

その心は!

……いや、あんまり聞かないしよくわかんないんでやってないだけっす……。

ただ、ライブで盛り上がるというのは非常によく分かる。そういう意味ではやるメリットはありますよ。

とはいえ、僕、文字通りあんまり聞かない=そんなに興味がなかった、ので、理解してないからちゃんとやれないんですよ。多分。

ちゃんとやれないからやらないです。

 

同じ理由で、例えばこれからブラックミュージックが流行っとしてやるかって言ったらやらないです。

デルタブルースは好きだけど、あとはあんまり聞いてこなかった。

よく分からないし、好きでも嫌いとも言えないし、なのでバンドでやらないです。ビックマフ踏んでる方がいい。

 

一方。

流行ってるからやる、という感覚は必要ですよ。

流行っているということには明確な理由がありますし、それに乗るということは、目に見える形で成功を掴みやすいということでもあります。

やらない手はないのかもしれない。

それこそ、敏感にそういう傾向をキャッチして、ドンピシャなタイミングでドンピシャなバンドとか立ち上げたら、こりゃもう、いい感じなことになるかもしれないです。

 

 

はい。

この聞く方の話と、やる方の話をね。並べて考えてみて欲しいんですよ。

 

つまりです。

「流行っていようがいまいが、興味がない人はないし、興味がないものはまず聞かないし、今後も聞かない。」

可能性が非常に高いわけですから、

「好きなことをやって、一生懸命伝えようとしても、興味がない人には残念ながらどうやったって届かない。」

というのが、割と現実だったりするんです。

 

でも、

「興味がある人を捕まえさえすれば、好きなことを一生懸命やることが、とても良い結果につながる。」

ということになりやすい。

要はマッチングの話です。

 

 

その一方で

「流行っていると言う事象だけで、なんとなく聴き始めたり好きになる人は確かにいる。」

その上、そこのボリュームゾーンが多いわけなので

「流行りを取り入れれば、チャンスが増える。」

と言うのは、まぁちょっと安直とはいえ、言える話なのです。

 

しかし、

「好きじゃないことなんてやりたくない。」

という人がほとんどだと思うし、

「好きな音楽で人気を掴みたい。」

と思うのが音楽演る人の性みたいなもんですからね。

 

 

表題に行きます。

 

んで、どうなんですか。音楽で売れたいんですか。

 

とか言ったけど、今回、最近のメディアの流儀に従って、挑発的な感じにして見ましただけで、別にそういう攻撃的な話をしたいわけではありません。

炎上! 怖い! ……嘘です。

 

いやね。

自分はどこで納得するか、ちゃんと考えておいたほうがいいんじゃないかな、って話なんですよ。

 

上に書いたような、ジレンマみたいなことを抱えて、みんなやっていると思うんだけど。

事実は事実としてあって、僕が言っていることって挑発でもなんでもなくて、まぁある話なんですよ。

目を背けても仕方ないし、その気になってもっと本気で調べたら、消費傾向がどうだとか、今どのエンタメに人が集まってんだとか、可処分時間とか、音楽が流行ってないっぽい理由はいくらでも出てくる。

 

そういう中で、続けていくために、自分がどうなれば納得行くのか、どうしたいのかっていうことは考えておいたほうがいいいです。

「売れる」って言葉ほどアバウトなマジックワードはなくて、それが一体どういうことなのか、自分たちにとっての基準はどうなのか、定義している人達って驚くほど少ないですよね?

そういう、自分たちなりの明確な答えを、なるべくしっかり持ってくれたらなぁ、なんて。

 

何でこんなこと言うかって。

ただ、がむしゃらにやって疲弊して、なくなっていくバンドが減って欲しいからです。

 

自分で納得がいく音楽との関わり方が見つかれば、辞める必要はなくなると思っています。

 

悲観的じゃない音楽の未来の話もしたいし、そのためにできる事ってないのかなって思っています。

でもその前に。

 

悲観的じゃない、自分の音楽人生、考えて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

台風18号ファンフォン(多分生意気な小悪魔女子)が、君の朝に突撃ラブハート。(EARありがとうございました。)

バケツをひっくり返したような雨ですね。

いい感じで、台風18号ファンフォンが近づいてきているようです。

 

ファンフォン?

 

台風18号の名前らしいです。ラオス語で「動物」って意味だとか。

海の上をゆっくり進んでたのに、日本に入ってからいきなりスピードを上げて翻弄してくる辺り、
結構勝手気ままでやんちゃですね。ファンフォンちゃん。

 

私がずっとこのままのんびり進むと思ってた? まさかそんなつまんないことするわけないじゃん!

……はじめから、近づいたら本気出そうと思ってたし。なに? 予想外だった?

驚いちゃったんだ。あは♪ ……まだまだいくよ?

 

やばい、なんか気になってきた!!

 

ファンフォン、ちょっとアジアな響きがあって、親近感がわく。

もしかして、チャイナドレスの似合うつり目の小生意気そうな娘なのかもしれない。幻獣姫で言えば鳳凰みたいな。

 

f56a89a12acfeadc のコピー

 – ©gumi inc. –

 

さっそくファンフォンについて調べましたよ。

 

ファンフォンはラオ語で「ຟານທອງ」と書きますが、「ຟານ(ファン)」で「鹿」という意味だそうです。
具体的には「ホエジカ」という鹿の仲間ですが、ホエジカにもいくらか種類があり、「ຟານທອງ」がその中のどの種類かまではわかりません。

日本人にはホエジカの仲間としては、「キョン」が割と知られています。
こまわり君の「八丈島のきょん!」というギャグでもありましたが、今では千葉県あたりで動物園から逃げ出したキョンが野生化しているそうです。

yahoo!知恵袋

 

 

キョン。野生のキョン。

涼宮ハルヒの憂鬱か。

 

 

いや、今はファンフォンだよ! 僕はファンフォンに夢中なんだよ!

サラリーマンの朝の出勤時間を狙って、やる気を減退させ、
「アンタは私だけみてればいいの♪」っていってるファンフォンなんだよ!

なんなら週明け月曜日を無理やり三連休にしようとしてるファンフォンなんだよ!

 

とは言え、かなり情報は集まりました。

ここまで来たらファンフォンの生画像をゲットするしかない。きっと可愛いはず。

 

 

ありました。

 

 

まさしく、私だけ見て! と熱くこちらを見つめている、ファンフォンたんの生画像が!!

 

黒目がちで大きな瞳。

きっ!と結んだ口元は、まさに気の強そうな雰囲気が漂っていて。

あんたの朝をめちゃくちゃにしてあげるっ!って意気込んでますよ。やる気ですよ。

でも、隠し切れない愛嬌が滲んでてすっごく可愛いです。たまらない。ファンフォンのファンになりそう。

それでははりきって、ファンフォンたんどうぞ!

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

 

lao

– STAPANBIN CAFE Condiment Bar –

 

ほらね。可愛いでしょ。まじで。

 

 

 

ちなみに妹の小悪魔ファンフォンを追いかけて、姉の台風19号ヴォンフォンが近づいてきているようです。

次は「すずめ蜂」らしいです。

 

マジか!! 黒髪パッツンロングでボンテージガーター確定じゃないか!!(推定Eカップ)

どMクラスタと足フェチクラスタは次に期待ですね。

 

 

 

すみません。職業病です。

 

 

 

(昨日は雨の中、渋谷EARご来店ありがとうございました。

素敵な夜でした。次は10月25日23:30~と、26日18:00~ですよ。)

 

 

みなさま、ファンフォンの奔放っぷりに気をつけてご出勤ください。

さて、仕事しよ……。

本日は渋谷EARの日。

昨日、9月の出来事を一挙公開するという、考えようによってはプライベート丸晒しの、興味ない人から言わせたら駄文を垂れ流していたのですが、意外に関心を持ってくれた人が多くて嬉しいです。

和賀、まだ頑張れそう。

とか言ってるうちに、もう10月も1/6なんですが、どうなんですかそこんとこ。

本当に時間すぎるの早いっすよね。

 

目下台風が接近中で、今夜には大荒れということですが、僕、今晩渋谷EARでバーテンなんですよね。

いつもより一時間早い17時から開けております……。

が、諸手で遊びに来て! と言えないこの天候状況。

かくいう僕も、今日は状況次第で早めに閉めようと思っています。その時はTwitter@yuziwagaで告知しますので、微妙な時間に来たくなってしまったらチェックお願いします!

普段のcloseは22:30なんですけど、もっと早まるかもしれません。

 

最悪朝まで開けて、っていう手も考えたんですが。

よく考えたら明日の朝のほうが状況ヤバイようなので……。

 

雨の音で鬱々となって、どうにもこうにもやってられなくなったら、来てみてください。

その憂鬱吹き飛ばしてやんで!!

(店出たら、また雨なんだろうけどさ……。)

 

 

ところで。

昨日ツイキャスでも話したんですけど、「空き家」どこかに落ちてないですかね?

今すぐお金出して買える! とかって話ではないのですが。

売ります。譲ります。とりあえずあります。を、継続的に探してます。

情報ある方、是非CONTACTからお願いします!!

 

あ。

お仕事も随時募集してるんですよ……?(・∀・)

 

カテゴリー: days タグ:

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

さきほど最近の和賀について、津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく振り返ってみましたが、白紙すぎるほぼ日手帳が気になって仕方がなかったので、しばらく記憶を補完する作業に腐心していました。

割とちゃんと埋まったので、もうこの勢いで9月を振り返ってみようかと思いました。その二。

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

 

9月18日

・ガッツリ働いた。これくらい毎日働けよってね。

・友人に誘われて渋谷でお酒。

・ライフワークバランスって、大事だと言われるけれど、何よりも自分がどう生きたいかだと思う。

・その上で、決めることであって。誰しもに当てはまることでもない気はする。

 

9月19日

・川原翔くん@k_5336の舞台を見に行った。

・割と最近皆勤賞な気がしている。

・脚本がすごくよくて引き込まれた!

・翔くんはいい役者です。

・計画しているBBQの下見をすることにする。

・溝の口のドンキホーテ屋上にBBQテラスがあるんです。

詳しくはこちらで。

・まさかこの後ならちゃんが入院することになるとは……。

・仕事は多分してた……。

 

9月20日

・好日山荘登山学校で丹沢へ。エマージェンシー講座の実践。

・曇り空だったけど、山に入るだけで僕はもう。

・同行した店員さんが覚えてくれていた。すごく嬉しかった。

・髪が赤いからと言うツッコミはいらないです。

詳しくはこちらで。

・今度は、プライベートで来よう。

・働いてません。

 

9月21日

・秋田から兄とその友人たちが遊びに来る。目当ては巨人対ヤクルト戦。

・東京ゲームショウに行かなかったのは、この家族行事があったからです。でんぱ組みたかったけどさ……。

・試合は大荒れ。

・ヤクルト最下位チームだよね……? 軒並みバッターの打率が三割なんだけど……。

・チーム秋田は巨人ファンです。

・僕は一緒にいる人と楽しむので、今日は巨人ファン。

・松井選手がいた頃まではガチの巨人ファンでした。

・そして、延長で競り負ける……。

・浦安へ移動。「のぶし」という居酒屋へ。

・兄が東京で働いていた頃、毎日のように通った居酒屋なのです。

・ま じ で う ま い か ら 。

・のぶし丼は神。

・兄達と東京ドームホテルに泊まる。

 

9月22日

・早起きしてお仕事。ホテルって捗るよね……。

・ホテルの朝食を食べるの巻。

・兄達と東京タワーへ。

・前日、東京ドームでチケットが当たっていたのです。兄。

・久しぶりに登った。

・最近登っている山はここよりも余裕で高いのだ。

・それに自力で登るとか、人間ってすごいよね。

LEMONsスタジオ。

・ならちゃん入院してるけどね!!

・一人なので、LEMONs企画の告知も含めて弾き語りをした。

ここで見れたりします。

・ならちゃんが入院していることは、この時僕しか知らなかった。

・この時点では、当日、多分行けるだろう、位のはっきりしない状態だった。

 

9月23日

・お仕事。

・え、世間って祝日なんですか?

・じゃあ友人と飲んでも許されますよね。

 

9月24日

・3時半から働いてた。

・一回寝てるから徹夜じゃないもん。

黒夢のBOYS ONLYに申し込む。

・どうしても行きたかったので、東京と名古屋申し込んでみる。

・(後日、どちらも当たっていると言う展開に)

・頑張った自分にご褒美で、クロエ@Bar_Chloe0301に行く。

・ならちゃん、多分大丈夫、という電話。

 

9月25日

・仕事は朝にかぎる。

・LEMONs 主催、crunch is dead vol.5。

・一人でリハ。

・仙台よりcolossal youth到着。

・「楢山死んだんすか?」 元メンバーにしか言えないジョーク。笑

・ならちゃんはスタート後到着!

・実は陰で色々あったイベントだったのですよ。

詳しくはこちらで。

・いい、夜だった。

 

9月26日

・シナリオのプロットで苦戦していた。

・お世話になっている、オートクチュールの中村さんのサプライズバースデーに招待される。

・当日誘われて、ふわっといく。これがタイミング。

・中村さんは本当にまったく気づいていなかったらしく、キョトンとしていた。

・おなじみの面々とも会えました。

・新しい出会いもありました。

・からの、深夜テンションで新宿で『TOKYO TRIBE』を見る。

・すごく面白かった。笑

 

9月27日

・仕事は朝にかぎる。

・計画していたBBQ、溝の口。

・10年来のバンド仲間と、しっぽり。

・続いていくものは、続いていくのです。

まどか☆マギカを一気見する。

虚淵さん……。

・もっと色々インプットしないとな。

 

最近の和賀。へ続く。

 

 

10月ですね。

今年も残すところ3ヶ月。

まだやれることは残っているはず。頑張ろう。

 

こんな生活をしている僕ですが、興味があったら声かけてください。

 

 

 

 

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

さきほど最近の和賀について、津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく振り返ってみましたが、白紙すぎるほぼ日手帳が気になって仕方がなかったので、しばらく記憶を補完する作業に腐心していました。

割とちゃんと埋まったので、もうこの勢いで9月を振り返ってみようかと思いました。

 

9月1日

・9月始まりました。

・3日前から突如始まった鬱モードで、どんよりダラダラと仕事をする。

・突如調子を崩すのは、よくあるのです。本当に突然やってくる。私はこれでバイトバックレました!(過去何度も。本当にごめんなさい。)

・それでも雨の中、郵便局へ行った。請求書、大事。

・自分の影響力を再確認して、現状を認識する作業。裸一貫でどれくらいのもんなのか、と。現実を見なさい、と、自分とお話。

 

9月2日

・引き続き鬱々としておりました。

・終わらせられる仕事を終わらせられないとかほんとまじクズつらい。リスカしよ…(テンプレ)

・でも、何か流れを変えようと、14日の登山計画を立てたり、コミケ打上げの居酒屋を予約したり、講座に申し込んでみたりした。

・手に入れたものに、いつまでもしがみついていたところで仕方がないのだ。捨てるものは捨てて次に行きましょう。

・そうしないと何も始まりません。

 

9月3日

・お仕事はしました。しましたよ。

・ゲンロンオフ会に参加する。久しぶりのゲンロンカフェ。

・再会した方と盛り上がっていると、東浩紀さん@hazumaが!!

・ちゃっかりおとなりに座りました。ソシャゲのお話をさせていただきました。

・東さんが僕の話を聞いてるとかどういう状況!?

・途中暴走した気もしますがとても楽しい素敵な時間でした。

・行きたいところがあったら、行きたいときにいかなければダメだと、心から思った。それが、タイミングというやつ。

 

9月4日

・きっと仕事はしてました。してないはずはない。

・新宿、「石狩亭」にて、コミケの打上げ! 寄稿していただいた方々に土下座する会。

・みんな変わっていなくて、本当に温かかった。

・創りましょう。創っていかないと、と、強く思った。

・荒城氏、林蔵さん、だーくろ君、棒ちゃん、たあさちゃん、あとこれなかったけど綾瀬ちゃん、本当にありがとう。

 

9月5日

ZARIGANI$のライブに行きたかった。行けなかった。

・お仕事は計画的に。

・サボんなよ。働け。

 

9月6日

BAYCAMP!!!

・会場でPC開いていたのは僕です。

・右足首だけ焼けた。

・飲んでも全く酔わない。野外ってそうだよね。

・ベストアクトはナカコーさんですかね。

・MVPは色んな意味で向井さん。

赤い公園SHISHAMOが可愛かった。

・雨に打たれて退散。タクシーが捕まるって素敵。

・来年は駐車券・テントサイトで。

・カラオケで朝までシュタゲやってたのは僕です。

 

9月7日

・シュタゲやってました。

・鈴羽エンドがBADだなんて……。

・今日はEARの日です。

・元同僚などが来てくれました。

・小説と映画の話に花が咲いたのでした。

・仕事はして……。いやいや、今日、日曜日ですよ!(とか言い出すフリーランス)

 

9月8日

・仕事はしましたよ。

クリープハイプを見た!

詳しくはこちら。

・ものを創る人は、見る者にトラウマを与える人種です。

・僕もそうやって与えられた衝撃と衝動を胸に、今日まで生きてきた。

 

9月9日

・今日もお仕事お仕事。

ツイキャスをする。9月25日のLEMONs企画について。

 

9月10日

・しっかり目に働いた!!

・10年来の付き合いのみつきちゃんと、新宿で飲む。「とととりとん」

・みつきちゃんは、僕が東京で一番初めに組んだバンド「川蝉」のスタッフをしてくれたりもしていた。

・最近は「パッチワーク」と言うイベントで絡んでいます。

・音楽について大いに語った。

・そしたらいつの間にかキャス配信されてた。酔っぱらい和賀は大いに語った。

・音楽のこれからについては、割と考えてるんだよ。実は。

 

9月11日

・白紙の一日。

・働いてるはずさ。木曜日だし。

 

9月12日

・再び白紙の一日。

・働いているに決まっている。フリーに花金なんてない。

 

9月13日

・土曜日だけどきっと働いてた。

・丸一日休んだこととか、ほぼない気がしてきた。

・フリーってそんなもん。

・オーナーの友直さんの代理でEARに立つ。

・素敵なライブがありました。土曜のEARもよいぞ。

 

9月14日

・コントロールプラス、gumiと一緒だった、蟇目さんと浅間嶺へ。

・蟇目さんは最近の貴重な山仲間。

詳しくはこちらで。

・立川で軽く打上げ。

・のつもりが日本酒をパカパカ開けていた。

 

9月15日

・内見祭り。

・和賀、とうとう家借りる気になったのかって?

・秘密。

『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』をやる。

・いきなり本命の紅莉栖ENDにたどり着いてしまった僕はどうすればいい。

・最近、ぼんやり醤油ラーメンを食べていることが多い気がする。

 

9月16日

・バッチリ働いた。

・それなりに、通用する何かにはなっているようだ。

・締切を一日間違えていた。余裕があるって素敵!!

・だからちゃんと働け。

 

9月17日

・好日山荘でやっている、好日登山学校の座学を受けに、二子玉川へ。

・エマージェンシー講座。山での危険回避、緊急時対応について。

・山は油断すると本当に死にますから。

・すっっごい勉強になった。

・9月25日のLEMONs企画に出てくれるキャタさんのライブを見に、新高円寺CLUB LINER。

詳しくはこちらで。

 

 

津田さんと比べると、津田さんが明らかに死にそうなスケジュールで働いていることが分かる。

やる人は、やってるってことだ……。

その二へ続く……。

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

 

最近の和賀。

ご無沙汰してしまっている和賀です。

津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく、最近の自分の出来事を短く振り返ってみようと思う。

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

 

9月28日

・第四日曜日はEARの日です。バーテンしてるのです。

・いつも17時位まで店に行く。結構その前に時間があるはずなんだけど、割と仕事にならない。多分、僕のせい。

・最近会えていなかった、高校の同級生が来てくれた。常連さんも。

・相変わらずまったりと楽しい時間だった。

・「場所」があるということは、素敵なことだ。

・いずれは自分で「場所」を用意したいと思っている。

 

9月29日

・野暮用で横浜。そのうち語る時が来るでしょう。

・最寄り駅でマッサージを受ける。『REFLE』ってチェーン店。

・頭皮がカッチカチらしい。カッチカチやで。

・足裏で、悪いところを当てられるので、足ってすごいなぁと思う。PCで言うとタスクマネージャー見てる感じなんだろうか。ちょっと違うか。

・緩みすぎて仕事に支障が出た。笑

・家がないので、東京にいるときはセブン-イレブンのネットプリントのお世話になっている。

・請求書ミスって、二回コンビに行く。散歩です。運動です。

ツイキャスする。全然浸透してないけどやってるんで是非。

・何事も続けていると、少しずつ、何かしらの反応が返ってくるんだなぁ、と思った。

 

9月30日

・実は後ろから遡って書いているんだけど、4日前とか、引く位忘れてて今引いている。人体の不思議。

・9月も終わりですね。

・お仕事のお振込みを、恐る恐る見たり見なかったり、見ました。

・友人からよいヘッドフォンについて質問を受け、音楽やってるくせに拘りがなさすぎるのが久しぶりに露呈する。あ、でも薦めたヘッドフォンはちゃんと名機だよ。

・シナリオとか書いてました。

・最近お気に入りのBAR「クロエ」@Bar_Chloe0301に行く。新大久保。初めてミードを飲む。蜂蜜酒。

・メイドバーと言うよりは、メイド服を来たバーテンさんがいる、ガッツリいろんなお酒が飲めるところ。

・帰りに最寄りのすた丼で醤油ラーメンを食べる。豚骨ベースの醤油ラーメンは、醤油ラーメンとして認めたくない気持ちが起こり始めている。

 

10月1日

・朝の7時位から、休みながら、夜まで働いた。

・サボりのツケを払っという説も……。

・コントロールプラスでお世話になった、大恩人の村マリこと、村田マリさんが、新規事業の『iemo』をDeNAに売却。9ヶ月。まじでヤバイ。ほんとすごい。朝からテンションが上った。

・すげーーーーーーー働いた。

・gumi時代、これを毎日やっていた頃があった事に思いを馳せた。

・プロのライターや作家さんは一日2万字くらい書くらしい。そんな2万字を書いてみた。

・プロだけど、まだ端くれだと思っている。

・毎日これくらいやれば、確実に世界は変わるのだから頑張りなさいよ、とオカンみたいな気分になる。自分に対して。

 

10月2日

・前日の疲れもあってか、あんまり仕事という仕事にはならなかった。

・提出後のフィードバック待ちって、ずっとそれが頭にあるので、割とパフォーマンスが落ちる気がする。フィードバックがある前提の場合のお話。

・前日に連絡を来れた友人と会う約束があったので、渋谷に。

新高円寺CLUB LINERで出会って、よくライブに来てくれる子。本人も弾き語りをしている。

・キャッチに捕まってみた。最近はキャッチさんにお金を預けるシステムらしい。客引き禁止だからって言ってたけど、お金受け取ると、隠れ蓑になるっぽい。なんでだろう。教えて誰か。

・和食って言ったけど、どう見ても洋食よりの店だった。『猿』ってところ。カウンターがシャレオツだった。女の子好きそう。

・すっごく美味しい、って強調されたけど普通だった。普通はいいことです。

・でも、もう来ないかも。

・世の中いろんな仕事があるし、稼ぎ方も様々だけれども、結局儲ける儲けないという話になった時に。そのお金のもらい方で自分は満足なのか、というのは結構大事な気がしている。

・「なぜ音楽が売れないか」と言う話については、音楽の世界だけ見ていても全然意味ないと思っている。周りを見よう。もっと。

 

10月3日

・「あとこれくらいで終わる」というのが見えると、急にサボりだす人間らしい。正直もっと働けたと思う。人生うまくいかない。

・飲む飲む詐欺でタイミングがあっていなかった知人から連絡が。夜の予定を変更する。

・クロエに行く。行ったらちょうど看板出したところだった。少しだけ飲む。

・下北沢。知人と合流。ずっと行ってみたくて行けていなかった『とぶさかな』を選ぶ。

・結構待たされて、元飲食店経験者としてポロポロ文句が出始めた頃にサービスビールが出てきた。待席で飲む、粋なはからい。

・二軒あるうちの、はなれ、の方に入る。魚はとてもうまかった。

・人は見かけによらないし、どこに気が合う人が潜んでいるかわからない。でも、実は始めから分かっていて、選んでいるのかもしれないと思った。人間の不思議。

・望むと望まざると、僕らは生きていくのだ。

 

 

9月の手帳が半分くらい真っ白なことに、今絶望していますわ。

自分のログは残しておきたい派なのです。

遡りたいし、その時に自分が何を考えていたのかは、割と重要なことで。

 

そんなこんなでもっと頑張って更新しようと思った和賀でした。