ものかき始めます。

猫の皮をかぶった経済の縮図に翻弄されております。和賀です。
乳製品の生産が追いつきません。

以上、星の島のにゃんこでした。

 

更新が滞っておりました。生きてます。

今月14日より上京しまして、相変わらずの家なき子ですが、おかげさまで忙しく生活しております。
話題にしたいことがたくさんありますが、ひとまず報告として。

8月24日より、渋谷EARのバーテン復活します。

本決まりではないですが、今度から第一と第四の日曜18時から、終電前位まで、やらせていただきます。
4月くらいに帰ってくるなんて言ってましたが、お待たせしてしまって申し訳ありません。
また楽しいお酒を共有しましょう。

その他の話題は、また今度にしたいと思います。

 

先日、盟友と再会しました。
僕自身とても尊敬している人物であり、一緒に修羅場をくぐった友でもあり、まじで意見が合うな、と思っている人。
頭の作りが違うので、毎度勉強させていただいておりますが、彼が僕を見下さず付き合ってくれるので、得るものばかりの人です。

サイゼリアでコミケの話とかしながら、あ。
話の腰おりますけど、コミケ出ます。

8月17日 日曜日 東地区 ”G” ブロック 45a
サークル名:GIRL/Fri.eND

 

(話を戻して)サイゼリアでね、積もる話をしつつ、創作について話したりね。

肝心なことを、思い出したんですよ。

 

もう人のもの作るのいいかな、って思ってやめたんだった。

 

どんなに頑張ったって振り絞ったって、それは僕のもんではなかった。
会社での仕事からはたくさんのものを得たし、感謝しかないですが、その事実だけは最終的に僕という人間の生き方として見過ごせないものだった。

退社の理由は一つではないですが、確実に比重の出かかった事実です。

 

まぁ、今も「仕事」してるんですけど。
偉そうなこと言って生きていけるほど強くもないので、しっかりその辺もコミットさせていただいて、腕も磨きつつ、クライアントに喜んでいただけるようなものも作っていこうと思います。

 

ただし。それとは別に、僕は僕のものをつくろうと。
忘れてました。恥ずかしい。

 

創作され発表されたものが誰のものであるか。
それは受け手のものである。
商品となった場合は、それにつらなる人々がいて云々……。

あ、そのへんの議論今はいっす。そういう話してないんで。

 

要は。やりたいことをやればいいし、やらない言い訳をしている意味が分からんよお前アホか。って話です。

ここで出てくる前回のブログね。

選択と集中。

 

後半で引用したジョブスの言葉。

「君たちの時間は限られている。だから自分以外のほかの誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。」
「自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。」

 

気持ち悪いぐらいの合致に今、実際気持ち悪くなっているんですが。
だって書いたこと忘れてるからね。このブログ書こうと思ってさっき見返して気づいたからね。

タイミング。マジで人生タイミングなんだよ。

 

そうやって、何かの印に導かれるように歩いてきた気がします。
お、一気にスピリチュアルっぽくなったよ。こんばんは、神社大好き和賀です。

 

はい。

 

でね、長々と語りましたが、一言で言うと、

 

書きます。好きなもの書いていきます。一人で。

 

今日、「乾き」見てきたんですよね。

良かった。

映画『乾き』公式サイト

 

バイオレンスとグロ描写どうでもよくて。
可奈子に惚れた。最高。

悪魔ですよ。可愛い顔した悪魔。
完璧に天使みたいに振る舞う悪魔。全てをぶっ壊す無邪気な悪。

バイオレンスとグロ描写とかどうでもよくて(二回目)どストライクで憧れるキャラクター。

 

やっぱりね。
女の子という存在に対する狂信が半端ないんですよ。僕という人間は。

開業いたしました。そして大台に乗りました。

 

この時も書いたけど、これは上辺しかなめってなくて。
正直もっと思う所がある。女の子に対して。

 

どうにもこうにも、描きたいのは女の子です。それのみです、とっても過言ではない。

おっしゃ、気持ち悪いか。石投げろ。
頭にあたって血が出ても、そもそも赤いので目立たないですよ。

 

 

というわけで、女の子の話を書き始めました。
頭の中で、大塚英志の摩陀羅サーガばりの、生きてるうちに描ききれるか分からない構想図が広がっています。
大塚英志のように途中で飽きるかもしれませんが、とりあえず書きます。
そして示します。

遅からず目に届くところに置きますので、興味があったらのぞいてみてください。

 

ものかき、始めます。

カテゴリー: days

選択と集中。

ちょっとご無沙汰です。
実は密かに毎日更新を狙っていたのですが、やはり続けるというのは難しいですね。

 

ここ数日も興味深いニュースがFBで流れてきました。

とりあえず僕としてはまずこれですよね。

ゲームのgumi:東証1部に直接上場へ、主幹事に野村HD

 

「関係者によると」僕の古巣である株式会社gumiが12月にも上場するらしいです。
gumiといえば、上場するする詐欺と言われ、もはやお家芸だ様式美だと言われていたわけですが、『ブレイブフロンティア』の躍進があり、
海外拠点がぶち上がりまくっていることもあり、(国内の売上を海外拠点の売上が超えている)
世紀のビックマウス国光社長の「世界を獲る!」宣言が割と現実味を帯びているという状況。

まぁ僕はもう社員ではないわけですが、gumiは応援しているので普通に嬉しいニュースです。
上場したら、忘年会とか大変そう。一生に一度位の宴会でしょうね。いやーー今度こそ行ってほしいところです。

 

次はこれ。僕も締切と仲良く生活しているので耳がイタすぎる記事。

「締め切りをズラすのは逆効果」 マネジメントのプロが教える、究極のタスク管理術

 

プロジェクトマネジメントの専門家でサイバー大学でも教鞭をとる勝眞一郎氏のお言葉ということで、お恥ずかしながらこの方のことは初めて知ったのですが。

平たく言うとプロジェクトマネジメントのプロが、しっかりとしたデータに基づいた結論として
「締切伸ばしても効果ないっす。むしろ逆効果でした。」って言っちゃったって記事です。

不思議なもので。どうも締めきり丁度になっちゃうんですよね、仕事の上がりが。

最近、『化物語』で有名な西尾維新さんの影響を受けて、原稿を書く時にタイムを図っているんですね。

ナイスなつかいかた あの人の「ほぼ日手帳」 小説家 西尾維新さん 後編

 

アスリート的な感覚で、自分のタイムを把握するって大事だなと思って。
これやると、例えば今の僕だと、案件ごとに大体どれくらいで終わるか、ほぼ正確に時間が把握できるんですよ。
すると、仕事がどれくらいで終わるか、分かっちゃうわけです。
締切に対して、何日前に終わるか、分かるわけです。

……提出は、ちょうど締め切り前になるんですよ。
いやーーーストイックには程遠いですね! この記事を読んで、みんなそうなんだ、とは思いましたが、それを超えていかないと
スーパーサイヤ人にはなれないわけですよ。
納得しすぎて鼻血でそうでした。精進します。

 

今流行で(という言葉がちょっと古いかもしれないくらい)若い子が利用している「ツイキャス」の記事が流れてきたので興味深く読みました。
僕は友達や、好きなコスプレイヤーさんが配信しているのでよく利用してます。
そろそろ僕もやろうと思ってるんですけどね。

世界はまだ便利じゃない。ツイキャス[モイ]の赤松代表が語る”本当のユーザーファースト”とは

 

ツイキャスを運営会社、社長の顔という視点で見たことがなかったので、こういう人がやっているんだ……と。
超フリーフレックス……素敵ですね! これなら僕でも働ける気がする!! 行かないけど。
何にせよ今後も応援したいサービスです。

 

最後はこれ。
知ってるようで知らないことって、溢れてるなって思いました。

ジョブズはルパン三世みたいなヤツだった。

 

僕はiPhoneを長年愛用してまして、iPadも持ってたりと、Appleのヘビーユーザーです。
が、そこまでジョブス、Apple信者という意識もなく。とはいえ色々知ってる気でいたんですけどね。

ジョブスがピクサーを持ってた時期があったとか……しらんかった……。
という新鮮な驚きにつきます。それ以外ももちろん面白い記事でした。

 

あれ、こんなつもりじゃなかったのに、記事のシェアでだいぶ文字数使ってしまった……。

今日は、選択と集中というお話をしようと思ったのですが。
まぁあれです。毎日、何しようか考えてるんですよ。

将来的な話。

 

そんな中で、友人から、「興味のないことに時間を使うな」と言われまして。
そしたらジョブスの記事でも言うわけですよ。

「君たちの時間は限られている。だから自分以外のほかの誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。」
「自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。」

僕は人生は本当にタイミングだと思うんですが。
こういう、あーなんかかぶってる!同じようなこと言われてる! という瞬間に直面したときはキモだと思っています。

 

やりたいことやんないと駄目だわ、と。

 

日々やりたいことが今ありすぎるんです、と言っているんですが。
その中でも、やらないと死にそうな事の尻尾をそろそろ掴まないととやばそうです。

 

という意味での、選択と集中。

自分のことを知るって大変なんですよね。
今日もまた、潜ってきます。

夏は東京です。

お疲れ様でございます。丑三つ時。

 

最近FBのシェアから記事書いてたりしてたんですけど、たまには僕の話しますね。

来週から上京します!

御存知の通り行ったり来たりの生活ですが、今回は長め。
秋口まではがっつり東京です。

長らく東京家なき子でしたが、今回の滞在中に拠点が決まる予定。
それに関しては、ちょっと面白い報告ができるかもしれませんので、お楽しみに。

 

この先の予定としては。

 

まずは7月16日のクリープハイプ@Zepp Tokyo!
行くのは武道館以来だけど、当然ながらのSOLD OUT。いやすげぇなぁ。

しかも今回は千原ジュニアさんと、共演。
僕が知るかぎりではそんな2マンライブは見たことないです。

どうなるんだろうか……楽しみですな。

クリープハイプ、置いときますね。

クリープハイプofficial web site

 

7月31日に仙台でLIVEやります、が。スペシャルバンドで。
元LEMONsのダディこと山下秋星氏とやりますよ。
鋭意準備中。

 

8月3日に艦これの初のオフィシャルイベントあるらしいんすわ。
とんでもなく混みそうだけど、今のところは出撃予定……。

第一回横浜観艦式予行

 

8月7日と14日にLEMONsのライブがあったり。

 

そんで16日はコミケ二日目ですが僕はコスホリ行く予定です。

コスプレ同人誌即売会コスホリック公式ページ

 

そして翌日17日、コミケ3日目。

コミケ出店デビューします。
本は、まだ出来てません。

いけんのか俺……。

8月17日 日曜日 東地区 ”G” ブロック 45a サークル名”GIRL/Fri.eND(ガールフレンド)”

よろしくお願いします……。

 

翌日の18日は、地元羽後町の無形文化財である、西馬音内盆踊りの三日目なんですよ。
ここだけスポットで秋田に帰りたいなーと思っています。

 

そこから飛んで9月6日はベイキャンプ行きますよ、今年も!

BAYCAMP

 

9月の締めは25日。

数年ぶりになりますが、三軒茶屋heaven’s doorでイベント打ちます。

 

 

と、いうイベントの合間で。働きます。

今回は長いので、またいろんな人に会いたいなというのは同然ながら、保留していたことをどんどん前に進めていこうかと思っています。

暑い暑いと働いるうちに、好きな秋が来て、さらに大好きな冬が来るので、調子が上がってくるはず。

今エンジンかけとくしかないでしょう、と思っています。

 

そんな感じで、東京おりますので、何かありましたらお声がけください。

どこでもいきますよー!

宜しくお願い致します。

world’s end high school girl princess…

タイトルの元ネタはworld’ end girlfriendってソロユニットです。カッコええですよ。

 

今日はふにゃっとした話をしたいんですけど。
女子高生って、素敵ですよね。

この会話ついてこれる??「イマドキの女子高生」のアッパレな会話15選

 

15選と言わず100くらい読みたいっす。

なんか、無邪気に「女子高生可愛いよね!」とか言うと後ろに手が回る可能性がある歳になったのが悲しいんですけど。
今日は敢えて言わせてください。

 

女子高生、可愛いよね。

 

なんだろね、この得も言われぬ勢いと感性。
多分自分も高校生の時はこんなノリだったんだと思うんだけど、今ではその部分はロストしてしまったわけで……。

まぁそれ自体は加齢と共に仕方のないことだとして、でもやっぱいいなぁこの感じ……。
ちなみに僕は8番が一番好きです。

 

仕事で、女の子の台詞とか書いてるんですけど。

 

これ、いつまで通用するんだろう? という薄ら寒さは常に感じてて。
「なんかおっさんくさいよね」と言われたらその瞬間に、身を投げる位の話なんですが。

売れっ子のラノベ作家さん達が40台だったりもするので、まだいける……まだいける……と自分を奮い立たせております。

とは言え後10年経ったら、お前どうなんよ? と、思うわけです。
だからこそ少しでもこういう感性、吸収していきたいなーーと思うわけです。

 

が。

 

女子高生と仲良くなろうとしたりすると、社会から抹殺されるので、結局どうしろと!!!

 

 

結局こうなるのか。
でもいい子たちですよ。本当にいい子たちですよ。ませてるけど。

青春姫 SCHOOL PRINCESS、Android版も出ましたよっと。

 

古巣の宣伝して終わります。

 

あ、呼んでくれたら高校にネットリテラシーとか講演しに行きますよ!! 髪赤いけど。

ネットリテラシーってなんだと思います?

車の運転練習をしました。和賀です。
何を隠そうゴールデンペーパードライバーです。
大の大人が運転できないってどうなんだろう(免許あるのに!)と思い、運転できる男になろうと思います。
乞うご期待。

 

昨日、でかいことを成し遂げたかったら恐れず発信しよう!的なことを書きました。

成功は、物語を提供できる人間になることから。

 

Twitter、Facebookが主流ですが、現行でサービスを提供しているSNSはたっくさんありますし、ブログサービスも一時期の流行りとはまた違う形で元気です。

大いに利用していきたいところですが、Web上で、自分を発信していくのもなかなか楽じゃありません。
ネットの中には魑魅魍魎が潜んでいるからです。

知らない人は今すぐ設定を。友達が利用しているFacebookアプリに自分の情報が提供されてる場合があります(スマホ版)

 

思わぬことに繋がる可能性があるので、FBのここんとこの設定は見直しましょう! という記事です。
割とシェアして頂いたんですが、臭いものに蓋をする感じであんまりヒステリックに反応するのも、問題の本質を見落とす気がするので、慎重に対応してほしいなと思います。

 

大事なのは、こういうサービスには、運営者が自社の利益のために、利用者にとってはちょっと不都合かもしれない機能が入っていたりするよ、という事をまず意識しておくこと。

多くの場合、それは選択の余地があって、変更可能だよ、ということ。

利用するからには、面倒くさがらず理解し、対処する手間を惜しまない、ということ。

 

まずはこれだと思うんですが、特に大事なのは3つ目かなと。

「ネットリテラシー」というと、なんだか高尚なことな気がしますが、
つまりは「知る」事と「理解」することを面倒くさがらなければ誰にでも身につけられるネットの処世術なんですよ。

 

「勝手に情報が漏れたりするらしい!怖いからFBやらない!」
「殺人事件が起こった!LINE怖い!」
「とりあえずよくわかんないからTwitterつかわない!」

 

明確な主義主張があって嫌っている人は、それでいいと思うんですが、なんか怖いとか、とりあえず面倒だとか。
その一手間に時間を割く努力をしたほうがいいと思います。

そしたら、使ってみたらいいもんだ!という世界が見えたり、
きちんと自分にあった設定ができたから、トラブルを未然に防げた、ということに繋がるはずです。

 

っても、誰かが教えてくれればいいのに! というのは正直なところですよね。
もうこれはやるべきだと思いますよ。

企業で研修に入れるなり、学校で科目にするなり……。
ネットは今は無視できない世界ですからね。知らないじゃ済まされなくなってきている。

 

「ネットを使用するためには、免許が必要です」

そんな将来が来ないように……。

知る手間、理解する手間、惜しまず行きたいものです。

カテゴリー: WEB

成功は、物語を提供できる人間になることから。

最近は「星の島のにゃんこ」をやってます、和賀です。
デコゲー熱い。コンプラ時代を思い出します。

 

今日、目に留まった二つの記事が、僕の中でびしっと繋がったので紹介したいと思います。

「共感消費」が主流になってきた

共感があってそこから消費が生まれていく。
例えば、この商品に込められた想いへの共感であったり、この商品を売っている人への共感であったり。
そういうふうに共感する消費が増えてきていると思います。
あるいは、友だちが勧めてくれた映画、「こんなにいい」と話してくれたからそれを見るというのも、「共感的消費」です。
信頼している人や親しい友達が「いいよ」と言ってくれたら、「ちょっと見てみようかな」とか「ちょっと買ってみようかな」ということでするのが共感の消費です。
日頃から、その人に共感している部分があるからです。
そういう消費が多くなってきています。

 

確かに最近本当にそういうの増えましたよね。
いいねがたくさんついた記事、RT数が多い記事、再生回数が多い動画、まとめブログ……。
フォロワーで面白い記事を毎度シェアしてくれる人がいて、ついつい欠かさず見てしまうとか。

キュレーションサービスがやたらと勢いがあるのも、この流れなんでしょうね。

とにかく今、誰かが良いといったものや、選んだものが好んで消費されるという傾向が強いということは確かに感じます。

 

ただ、ここで僕が思うのは「誰が」という部分が明確で、その「誰」かの持っている力次第で、この影響力は段違いになるということなんです。

そこで、この記事です。

45歳以下の重役はSNSで自信を持って発言できなければ、もう経営者にはなれない

 

ここに登場する、リチャード・ブランソン氏がすごくいいんです。
というのも、このところ僕が考えていた事を地で行っている人で、かつ成功している人なんですよね。

要は「面出せ、ビビんな、発信しろ、でないと話にならん」ってことを言っているんですね。
そうすることで、自分がコンテンツになり、一挙一動が話題になり、宣伝になり、人々を楽しませ、最終的には自分の利益にもなるということなんです。

 

僕は、まさにそうあるべきだと思っていて、昨日の記事にも繋がるんですが。

集団的なんちゃらとグローバル。

 

集団的自衛権がらみの話題ではあったんですが、この中で僕が言いたかったことの一つとして、
「僕の知っているグローバルで活躍し成功している方々は、顔出しで、恐れず自分の意見をしっかり表明している」ということなんです。

今の時代、ともするとWeb上の魑魅魍魎に足を絡めとられそうになるんですが、ビビらずに自分を出していくということは本当に必要だと思います。
成功、という言葉を意識している人なら。

 

僕の前社であるgumiの社長の国光さんはまさにそんなリーダーですが、今日、さらに50億調達したというホットなニュースが流れてますね……。

更なる誓い!絶対に世界一を獲ってみせます!

 

ビッグマウスと言われることもしばしばですが、最後にそこに到達しちゃったら勝ちで、なんだか本当に世界獲りそうな勢いがある人です。
何かをなす人って、よくも悪くもこういう方の中から出てくるんだと思います。
とにかくキャラはバキバキに立ってます。
主義主張をとにかく明確に提示する方で、視点も興味深いので、僕は勝手に国光さんのFBのシェアを「国光キュレーションニュース」と呼んで、拝見させて頂いてます。笑

 

僕は大塚英志さんを尊敬しているんですが、彼の物語消費論がバイブルだったりします。
あの本が出てからもう20年位経過していますが、依然、物語は消費されていますね。

家入一真さんなんかもいっていますが、「物語がある人ほど面白い」と。
共感的消費はもちろん説得力がある話なんですが、その発信者が「物語を持った魅力的な人」もしくは「魅力的な物語を語る人」だと、そりゃもう大きな反響を呼ぶんです。

 

これ、間違いないです。

 

僕は、コンテンツになりたいと常々思っています。まだまだ全然なんですけどね。

成功、という文字を意識している人は、顔を出すことを恐れるべきじゃないと僕は思います。重ね重ねに鳴りますが。
炎上ともうまく付き合える心構え、です。ビビってる場合じゃない。

 

あなたの物語に誰かが魅せられるか。
誰かを魅せる物語を語れるのか。

 

でかいことがしたいなら、是非そちら側を目指してください。

僕は先に行ってます。

集団的なんちゃらとグローバル。

昨日は、集団的自衛権関連の話題をちょっと紹介したのですが。

 

将来的な話。

 

今日はちょっと別の視点な話題がタイムラインに流れてきましたよ、っと。

【集団的自衛権 4部 閣議決定(上)】解釈変更を「暴挙」と報じる朝日・東京 感情論、見透かされる扇動

まさに昨日朝日新聞の記事を載せてたんですけどね。
紙が変われば、主義主張も変わるのです。
新聞って、別にフラットなメディアじゃないんですよ。

 

こちらはちょっとしたTwitterの魚拓です。

ツッコミについては心のなかでどうぞ。
出ました、デマシリーズ。
でもTwitterじゃなくてLINEというのが時代の流れを感じさせます。

集団的自衛権についてLINEで嘘八百の情報が回っているらしい。

LINEで然るべき層に流れたら信じる人はたくさんいるでしょうね。
内容は昔流行ったチェーンメールレベルですが。
都市伝説好きとしては、流布する要件がそろったよく出来た文章だと思います。(褒めてないよ)

 

これは、どちらかというと昨日の記事の流れな内容。
今日書きたい筋とはちょっとズレるんだけれど、ご紹介。

集団的自衛権が吹っ飛ぶかもしれない!

素晴らしい活動だと思います。とだけ言っておきます。

 

昨日、「僕がフォローしている人にはとりあえず目立って安部総理に賛成の人はいないのかな」なんて書きましたが、そんなことないんです。
昨日の時点で、動きがなかったので敢えてそう書いたんですが、今日は賛成派の方達のコメントをチラチラと拝見しました。

 

TwitterやFBは、投稿しなくてもある程度その人の思想が見えるものです。
どんなリツイートをしているのか、ふぁぼってるのか。
どんな記事にいいねをつけているのか、シェアしてるのか。

 

僕の周りには、集団的自衛権に声高々に反対している人はいませんでしたが、静かな態度表明はかなり感じています。

逆に賛成派の方は、きちんとコメントをしているのが印象的でした。
少数ではあるんですけどね。元々僕のタイムラインでは声の大きい人達です。

 

今の時代、SNS上で何かしらの態度を表明することって勇気がいりますよね。
最近少し落ち着きましたけど、反原発とか。

何を信じるのかは自由として、SNS上は魑魅魍魎が潜んでいるので、建設的な議論になることのほうが少なくて、とりあえず石投げとけ!みたいな事が多いわけですよ。

フォロワーが多ければ多いほど、魑魅魍魎に魅入られやすいんですが。
今のところ雀の涙ほどの影響力しか無い僕は、そういうストレスに晒されたことがないのですが、著名人の方の心労たるや想像を絶するものがあると思います。

 

「炎上」が流行りのワードですが、今って何が地雷になるか分からない。
今この発言、が切り取られたかと思えば、重箱の隅を突くように過去の記事やら発言を引っ張りだされて晒されたりね。
おっかないですね。陰陽師が必要ですね。

 

はい。そろそろ何が言いたいか、書きましょうね。

 

集団的自衛権、反対派。

言わんとしていることは理解できます。どちらかというと、僕もこっち側かなぁとは思っています。
戦争はそりゃ、イヤですし。

ただし、閣議決定されてしまったものがひっくり返るかというと、これはちょっと、難しいかもしれないですよね。
そして、本当に日本が戦争をする国になったのか。
これも実は分かりませんよね。安部総理の本当の腹の中は、誰にも分かりませんから。

感情論がチラつくなぁ、という印象はどうも拭えなかったりしてもいます。

 

集団的自衛権、賛成派。

僕の周りの賛成派は、グローバルなところで仕事をしている人ばかりでした。
やっぱり日本にいるだけじゃ分からない世界をみているんだろうなぁと、素直に感じます。
この反対派多数に見える状況で、しっかり態度を表明している辺りも、肝っ玉がでかいなぁと。

これからの時代の平和、は日本だけじゃ作れない、ってことをいいたいんだと理解しています。

 

 

僕はぶっちゃけ、9条とかどうでもいいと思ってるんですよ。
戦争が起きなくて、誰も犠牲にならなかったら、どっちでもいいんじゃないですか?

そう、戦争起きなくて、人が死なない、一番いい落とし所で落としてくださいよ、落としましょうよって思います。
日本が戦争しないのはもちろんですが、アメリカにも戦争しないでほしいですしね。
ロシアも、中東も。世界全部。

 

世界平和~!とか。なんか安くさいんでイヤなんですけど。
とりあえず今は死にたくないっす。でもあなたも死にたくないんじゃないですかね?

そりゃみんな同じだと思うんですよ。
日本日本言ってないで、みんな死ななくていい方向に持って行きたいものですね。

 

理想論?

そうですね。世の中ゲームじゃないんで。

困ったもんですね。

さて、どうします?

カテゴリー: days

将来的な話。

集団的自衛権行使容認、閣議決定されましたね。

政府、集団的自衛権行使へ閣議決定 憲法解釈を変更

朝日新聞の記事ですが、右左の話はとりあえずなしにして、情報として置いときます。

 

合わせて最近の記事も。

集団的自衛権の行使はなぜいけないのか。 〜村上誠一郎衆議院議員が外国人記者クラブで会見〜

安倍政権が集団的自衛権行使に執念を燃やす理由 – 戦後の平和主義を根本的に転換し本気で軍事大国めざす

元自衛官の言葉「安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。」

これはここ数日で、僕のFBのタイムラインに流れてきた記事で、かつ僕が読んだものです。

 

明らかな集団的自衛権行使容認への批判ばかりですが。
僕がフォローしている人にはとりあえず目立って安部総理に賛成の人はいないのかな、という事象かと思います。

バランスを取るためには「今、集団的自衛権の行使が必要!」という論調の記事も載せるべきでしょうが、とりあえず今その気力がないのは事実なので、しません。

 

さて、どうしましょうか。

 

最近将来のことをよく考えるのですが、最終的に自分がどうなりたいかということについては結論が出ていません。
ぶっちゃけ当面の予定もあるようでないのですが……まぁ、手前のことはそこそこ見えるもので。

 

先のことは、正直なーーーんも分かりません。

どこに誰といて、どんな仕事をして、何を目指しているのか。そしてどこに収まってどう死にたいのか。

 

ほんと、そればっかり考えてますわ。

 

そんな先のことを考えても鬼が笑うのかもしれませんが、これから選んでいく場所や決断の一つ一つに、
「最後の自分」のビジョンが大事な気がしてならんのです。と、思い始めました。

 

それと同時に、一体自分はどこまでやれるんだろう?ということも考えるのです。

 

人間不可能は無いという人もおりますが、そんなことことも無いでしょう。
僕今轢かれたら多分死にますし。

ただ限りなくそれに近い事象も存在することは否定できません。

 

問題は、自分がどこまでやれるか、ではなく「どこまでやれることにして行動するのか、それを決める」ことな気がしています。今。

いっちゃえば自分の世界観とキャラ設定なんですが。

 

最近アレはやってますよね、「俺TUEEE」系。
ちょっと前は魔王が流行ってましたけど。あ、ラノベアニメ方面の話ねこれ。

 

噛ませ犬なのか、超大事な脇役なのか、最後に裏切る系なのか、いけてる助言をくれる賢者なのか。
勇者か、魔王か、ラスボスか、村人1か。

 

設計者って手もありますけど。

 

この世界の設定の、どこに位置づけされるキャラになるのか。
最近そんなことばっかり考えます。

 

あなたは、どうします?

カテゴリー: days