「ググレカス」の世界で生きていくということ。

最近こんなエントリーを拝見しました。

「ググレカス」が世界を変える/ネットのコンテンツは「紙と放送の時代」と何が違うか。

考えさせられる内容だな、と。
僕自身、とにかく日々検索します。わからないことがあれば即、その場で検索。
飲みの席の話題で不思議なことがあれば、その場で調べてすぐ答えが出る。
疑問で盛り上がって、答えを共有して納得するところまでがワンセット。

他にも、携帯を通してネット上にアーカイブした記事やネタを、その場でアクセスして引っ張って話す。
頭の中に全ては記憶しておけないから、その場で読み上げたりね。

そういうことって本当に増えたなーと。

コンテンツを作っている時も、「検索される」ということを念頭に会話をすることは非常に多いです。
メジャー、王道という言葉がよく言われますが、じゃあその基準って何?って話はよく議題に上がりますよね。
他のゲームではどう扱われているのか。
日本の王道コンシューマーゲーム(ファイナルファンタジーとか女神転生とか)ではどうか、とか。

そんな一つの基準として、ググって一番上にWikipediaがヒットするか。というのはかなりあると思います。
僕は検索のコツは結構心得ている方だと自負しているので、マイナーなものでも引っ張ってきますが、基本何か資料や企画を作る時って、だいたいWikipedia見ちゃいますよねまずは。

Wikipediaが引っかかる=かなり真実味がある情報として万人がアクセスしている。ってことにはなるかと思うし、結構重要。

逆に、誰でもアクセス出来る情報を無視すると、痛い目を見たりする。
みんなわりと調べてますからね。
擬人化とか拡大解釈とか、コンテンツではよくあると思うんですが、やり過ぎたり無視したりすると、原典無視のチャラい作品だねーって思われたり、いちいちニクイ引用があったりすると興奮されたり。(艦これとか)

そう考えると、「検索されること」を念頭に置いた行動は、ネット上では今や無視できないことなんだなーと。

そんな中、です。
僕が個人的に追いかけているコスプレイヤーさんがいるんですが。
その方がよくTwitterでつぶやくことがあってですね。
要約すると。

「プロフィールにHPもブログもURLを載せているのに、そっちにアクセスもしないで、調べられることを調べもしないで質問してくるって失礼ですよね。」

なんですが。

まぁまぁ賛否両論あると思うんですね。
TwitterやらFacebookやらが当たり前になっているこの時代。なんか当たり前に遠い人の肩叩いたような気分になれる時代なんで、反射的にリプやらコメントつけちゃうっていうのもわかるし。
そんなこと言わんで、さくっと答えちゃえばいいじゃんとか、そもそも生意気だとか。
うん、確かにね。でも、僕が今話したい話じゃないのでこれは横に置きます。

何が言いたいかというと。
ネット上に自分の顔を出したり、何かを表現している時点でコンテンツなわけであって。
そのコンテンツをより楽しむためには、誰もがアクセスできるように置いてあって、場所もサジェストされている「ブログ」や「HP」にある情報は、当たり前に知っておかないといけない「基本予備知識」だという概念なんだと思うんですよ、これ。

つまり、そのコンテンツのカスタマーサポートに問い合わせる前に、どっかに取扱説明書なりQ&Aがないか調べましょうよ、という最低限の礼儀なのではないかということです。

Twitterでアカウント持ってつぶやいていることがコンテンツなの? そんな大仰なことじゃないじゃん!
はい、そうですね。でもそれはあなたがそう思ってるからでしょ?
少なくとも、自分をコンテンツだと思ってTwitterを運用している人はいるってことなんですよ。

つまり、「所見です!可愛いですね、コスプレイヤーさんですか?」
ググレカス。以上。

ですよ。
んなの2秒で出てくっから。
というか、ナンパしたことない僕でも、女の子に声かけるときはできる限りの準備はしますよ?と思うんですが。

まぁこれは極端な例なのですが。

例え話ばっかりになってしまいましたが、そろそろ話が長くなったので総括しましょう。

なんでもひとまず検索すれば情報が引っ張れる時代になってしまった。
そうなると、人に聞けることってなんなの?ということになるんですが。
それは「ネットに上がっていない情報」ということになってくるのかもしれないと。(引用したブログにもありましたが)

もちろん。親しい中でのやりとりでそれが全てなわけはないけれど。
ただこの時代、「そんなこと聞くなよ。あなた携帯持ってるでしょ。ググレカス。」と思われてもおかしくない。
少なからず、そういう認識の人は増えてきていると思う。

ネット上とはいえ人付き合いですから。相手によって対応は変わるでしょう。
ただ、当人にとって当たり前のことであったり、ネット上で常日頃公言している情報を、意気揚々と聞かれたら腹立つ人がいるということを、頭の片隅に置いたほうがいいのかもしれないのです。

どんなにその人に興味があってこれから仲良くしたいと思っていても、ちょっとググれば出てくることを調べずしてコンタクトを取るということは、「この人は自分とのコミュニケーションにおいて、なんの努力もしてくれていない」と判断されかねないということです。
速攻、マイナスイメージ。

心のなかで「ググレカス」と言われないように。
もしかしたら、新時代のネットリテラシーかもしれないお話でした。

和賀、実家帰るってよ。

と、言う訳で。
宣言通り。

実家に帰らせて頂きます!!

期限は、無期限です!!

…というのは冗談で。(このネタどこまで通じるんだろう)
期限は二、三ヶ月のつもりです。

なんで帰るのかという話になると、僕的には話してもいいのですが、大体聞いている人が「いろいろ大変だね…」的な反応になるので、控えます。

まー、大変なのかもしれないですが、別にそんなことないですよ。
いや、大変なんだと思いますけど、兄貴とか。
でもなんとなく元気に明るく生きて行けるのが和賀家の血だと思ってるので、なんてことないんですよ。

まぁ、そんな兄貴をサポートしつつ、ちょちょいと実家を整理してまいります。

幸いな事に、今はネットとPCがあればなんとかなるっぽい僕ですので、この度思い切って一時帰郷を決めました。

思えば、10代の頃からか僕を知っている人からすれば、とんでもない大事件なんだと思います。

バンドに明け暮れ、東京という場所を主戦場に、血ぃ流しながら討死するまでしがみつく、みたいなノリだった僕がですよ。
一時とはいえ、本気で実家引っ込むわけですから。

あの頃の僕が、今の僕を見たらどんな批判をするのか興味がありますが。
まぁ、帰りまっす。

まかりなりにも11年の東京生活が一旦途切れるわけなので、なんか節目っぽいところもあるんだろうなと。

元は12月いっぱいで辞めるつもりだったgumi。
ちょうどマンションの引越しがかぶり、一ヶ月だけと思っていた登戸の仮住まいにも、結局約三ヶ月住みました。

帰りに絶対寄りたくなるラーメン屋が出来たり、ゴミ捨て日が厳しくなって四苦八苦したり、8年ぶりにユニットバスを使い、なんだかんだ住めば都だなーなんて思ったり。
パソコンデスクはずっとダンボールでした。

多摩川もすぐ近くでいいところだったんだけど、結局遊びにいけなかったなぁ。

僕は正直どこでも生きていける自信があるのですが、こんな根無し草みたいな仮住まいであちこちいくのも、なんだか楽しいし自分にあっている気もしつつ。

とにかく三週間飲みまくった。

僕がgumiを辞めたということと、実家に帰るということが重なって、なんだか色んな理由で、たくさん飲みました。

2kg太りました。

マジっらぃ…リスカしょ…(テンプレ)

実家で痩せます。

僕は夜行バスが大好きで、毎回これで帰ります。
今もバスの中。

小5から毎年東京に遊びに来ていて、その度に乗っていたという体験が染み付いてるんだと思ってます。

高校卒業して上京した時は、そのせいで大して東京に感慨がなかったのですが、ほんとにそういうエピソードを思い出すと、つくづく嫌なガキだったなと。

今日は初めて東京駅から出るバスに乗ったんですが、八重洲南口を目指しながら、小4の時に、東京にいる兄貴を、家族で訪ねた時のことを思い出しました。

兄貴は「八重洲口にきて」と言ったんですが、東京駅で八重洲口ってサジェストは最悪なわけです。
だっていっぱいあるんだもん。
案の定、ド田舎者のおかんと姉貴と俺はいつまでたっても兄貴と合流出来ず、おかんが終始切れてたのでした。

とにかく暑くて。
サウナにいるみたいだなって思いました。
夏でした。
なんか東京って、やっぱり次元が違う別の場所なんだ。って思ったなぁ。

今やもちろん八重洲口で迷わんし、いくら暑くてもクーラーなしで暮らせる僕ですが、じゃあ東京という場所の価値が変わったのかというと、まぁ、まだ特別なんだろうなと。

東京で出会った人たちやら、場所やら、そういうものの比重が秋田よりは大きくなったんだろうなと、単純に思います。

そもそも過ごした年齢が違うから無理もないんだけど。

僕は実家を軽んじるつもりも、捨ててやった的な事も一切思ってませんが、やはり結局東京を選ぶのだろうという認識は今のところ強いです。

なので、戻ってきます。

だだしかし、そっから先はわかりません。

先ほども言ったように、どこでも生きていける気がするし、積み上げたものを一瞬で無に帰して、知ってる人が誰もいないところで暮らしたいと思うこともよくあります。

行ってみたいところ、住んでみたいところもあるし、なんか別に、東京じゃなくてもいい気はしている。

僕は、すぐ気が変わるので。
明日のことも、一ヶ月後のことも、ましてや一年後のこともわかりません。

それは僕が飽きっぽいせいでもありますが、その時々に自分が感じたもの、考えたものが全てだからです。

この世界に、変わらぬものの美しさがあると同じように、日々時間は流れ物事は変化していくのです。

そんな中で、人間がかわらねーなんて嘘八百。

だから僕は考えも言うことも変わります。
ただ、僕という人間を端っこでも知っていてくれている人は、僕が恐らくブレてはないと言ってくれる。そう信じています。

俺はいつでも俺なんで。

というわけで、これ以上話がそれないうちに筆を置きます。
しばらく会えない方もいますが、まぁすぐなんで。
いのち短し恋せよ乙女。

また飲みましょう。

カテゴリー: days

退職して二週間が経ちました。

株式会社gumiを退職して2週間が経過しました。

すでにお仕事はさせてもらってますが、毎晩呑んでます。
と、いうと会社から開放されて遊び歩いているみたい響きになるんですが、そういうことでもなくて、今、毎日人に会っています。

宣言通り、今月中には実家に一時帰京するのですが、それにあたって、友人であったり、お世話になった人に会ってるのです。

積もる話をしたり、これからの話をしたり、非常に有意義でございます。
体重計には乗らないようにしてます。
大丈夫、実家帰ったら多分痩けるから。

その他では、2/1のゲンロン総会に始まり、大槻香奈さんの個展にいったり、土曜日には桜庭一樹さんの『赤×ピンク』の映画見に行ってきます。(舞台挨拶って何気に初めて)

そんな中、2月10日に、gumiのみんなが送別会を開いてくれました。
僕が1月31日という、ソーシャルゲーム業界的には月初前の超絶修羅場の日に退職したもので、人が集まらないだろうと気を遣ってくれたようで……申し訳ない。

僕が所属していた部署を中心に、沢山の方が来てくれました。

Visual Art Creationという、イラストを制作する部署にいたのですが、みんなの本気のプレゼントが、マジですごかった。

似顔絵位は描いてくれるかな、なんてやらしくも思ってましたが、想像の遥か斜め上をいく物量を投下され、困惑しました。(いい意味で)

gumiのいろんな方からのメッセージと、イラスト。
そしてgumi Westのみんなからも、大量のイラスト。

すべて紹介したいのですが、しっかりとみんな名前を書いてくれていたので、これは門外不出だなと。笑
僕だけの心に止めておきます。本当にありがとう。

でも自慢したいので、僕の部署のみんなが描いてくれたものだけは、ご紹介します。笑

写真 4写真 5

こんなのもありました。

写真 1

わかってるというかなんというか、ありがとうございますホント。笑

写真 2写真 3

 

この後、恒例の黒夢を歌って終了でした……。

 

上京して11年が経ちました。

当日の最後のあいさつを前に、僕の情けない職業遍歴を振り返ったら、gumiは17つ目の職場でした。
よくもまぁ、ここまで転々と逃げまくってきたなぁと。
その先々で迷惑をかけ、人を裏切り、今に至る。

もう僕のことなんて忘れているのかもしれないし、心の何処かで未だに恨まれているかもしれない。
東京なんて狭いので、いつか会うこともあるだろうし、実はこっそり僕の動向をWebで見ている可能性もあって。この時代なので。

そうやって別れてきた人たちは、今何を思っているのだろう。思っていないのだろう。わかりませんが。
いつか、きちんと、お詫びと挨拶をしに行きたいと思っています。

 

そして、最後に辿り着いた株式会社gumi。

まずはそのきっかけを作ってくれて、この業界への扉を開いてくれたコントロールプラス株式会社の村田マリ社長。
赤髪の僕を拾ってくれて、本当に有難うございました。
iemoとこれからもマリさん、注目してます。応援してます。

gumiでお世話になった人たち一人ひとりにメッセージをと思ったのですが、とても個人的になりすぎるので、いつか直接伝えることにします。

ただひとつだけ言えるのは、繰り返すようだけど社会人としては失格の僕を、最後まで受け入れてくれたことに対して、感謝だけでは足りない気持ちでいっぱいです。

寝坊と遅刻で人生狂ったと言っても過言ではない僕の人生。
なんとなく病名あった時もありましたが、そんなのって生きていく上ではあまり考慮されないのでどうでもよくて、ただ事実としてどうしようもないやつだという前提がある。

案の定な勤務態度の僕に対して(怒られたことももちろんあったけど)最後まで、優しく(半分は諦めだったと思うけど)居場所を用意していてくれていたことに。本当に、ありがとう。

gumiは、現状の僕から言わせると最高の職場だったと思います。

ただ、居心地がいいからといって、いつまでもそれに甘えているわけにもいかないと思います。
いろいろと思うところがあって、このたび、会社を離れる決断をしました。

 

社会に表明したいのは、高卒の髪の赤い僕でも就職出きるという事と、お金は割りと稼げるということです。
僕は特別何か、わかりやすく文字で表現できるスキルがあったわけではありません。

自分の何が武器になるかわからないし、いつそんなタイミングがやってくるかわかりません。

こだわりは大事だけれど、自分の可能性の間口は、心持ち緩め広めのスタンスで構えていたほうが、人生幸せかもしれません。
と、なんとなく思います。

 

かなり目立って辞めました。
辞めたあとも、こうして大袈裟にお伝えしてます。

こうしてわざと自分を追い詰めてます。笑

これからどうなっていくことやら、まだまだわかりませんが。
どうぞ今後共よろしくお願いします。

地球さんがもうダメかもしれないけど、新宿MERRY-GO-ROUNDはよいハコです。

昨日は、10年に一度の大雪だとか、13年ぶりのなんちゃらだとか、とにもかくにもそんな感じで。首都大混乱。

僕も11年住んだけど、確かに。ここまで積もったのは初めて。
そんな中、新宿御苑MERRY-GO-ROUNDでLEMONsとしてライブしてきました。
あの天気の中、来てくれた方もいて、対バン的にも素晴らしいバンドとの出会いがあったので、雪の中頑張った甲斐がありました。笑

MERRY-GO-ROUNDは、新宿Wild Side Tokyoの系列で、去年オープンしたキャパ40くらいの小さなライブハウス。
去年Schieleの上野君@larvana666に誘われて出演して、二度目。

Wild Side Tokyoは、LEMONsが4人だった時代に何度か出演していて、MERRY-GO-ROUNDの松宮さんも覚えてたので、初出演時は、当時の話で盛り上がりました。

このMERRY-GO-ROUNDなんですが、熱いんです。
平日のハコ貸しがなんと\30,000-なんです。休日でも\50,000-という。
バンド、アイドル、演劇と。ホールレンタル経験のある方ならこの破格さが分かってもらえると思います!
しかもドリンクが\350-っていうね……。

安さばかり強調しましたが、人もよく、何故か最近ノリでウーハーも入ったらしくいいハコです。

松宮さんいわく「ロフトを超えたい!」ということで、ライブに縛られないイベントを自由な発想のイベントを打って行きたいということでした。
(ロフトって、プラスワンとかネイキッドを指してるんだろうなと理解)

僕も、すごく魅力的な空間を見つけたと思っているので、今年なんかやりたいです。
鍋付きワンマンとか。トークライブとか。笑

ちょっと冒険するには、従来型のライブハウスって広すぎると思うので、MERRY-GO-ROUNDはおすすめですよ。

そして、素晴らしい出会いというのは、【Astronomical Unit】という二人組。
Eita OgawaさんとWataruさんのユニット。
ディジュリドゥにディレイ一発、そしてドラム。ぶち上がりました。
是非またご一緒したい。
年齢聞いたらすごい若くて。どういう音楽脳になったらあんな事出来るんだろうと、羨望の眼差ししかない僕でした。

という感じで、一時帰郷を前にしたライブが終了。
先のライブは未定です。
とはいえ、月一くらいで上京してくるので、そのタイミングでもしかしたらライブするかもしれません。
こちらに再び腰を落ち着けるのは、5月~6月になると思いますが、それ以降はまた月一とかで。やりたいです。

今日からこのブログ?の記事投稿とTwitterが連動するので、ちらほら目にする人が出てくるかと思います。
WordPressかよ!っというツッコミもあるかと思いますが、HTML勉強するよりも、発注するよりも、まずスピードってことで。この方式を採用しました!
そのうち、ちゃんとしたデザインのものに、ある日突然生まれ変わるかも。
乞うご期待。

そして、僕についてのことがすべてわかる場所にしたいので。
過去のブログやHPなど、高校の頃から遡り始めたのですが。
お前、どんだけブログ引っ越してんだよと。笑
本人すら「そんなのあったっけ!?」となるようなものまで存在するらしく、全部追える気がしない……。

ここに直リンクするかは別として、基本的にweb上に公開した文章で削除したものはほとんどありません。
いわゆる黒歴史と言われるものも含みますが、それがすべて【和賀有史】の構成要素なので、何かしらの形でここに集約していこうと思います。

モーニング娘。の道重さゆみさんの追っかけをしていたことも隠しません。
栗山千明さんも田中美保さんも、ちかちゃんこと高樹千佳子さんも大好きでしたよ!
気持ち悪い文章書いてた時期もありますが、それがすべて今の芸の肥やしになっていると思えば痛くも痒くもありませんよ。はい。

何らかの失言もあるかと思いますが、webに残している以上、例えば僕が都知事選に立候補とかした時に、どうせ漁られて揚げ足取られるんですから、今のうち晒しておけ、というわけです。

あ、都民の皆さん、都知事選は是非投票に行ってほしいなと思っています。
京成線を信じ抜く千葉県民を応援する、神奈川県民からのお願いでした。

話題があっちこっち行きましたが、そういうわけで。
僕はあと、約10日ほど東京におります。
面を拝んでいきたい方は、ご連絡ください。

最近のことについて。

しっかりとお話しておりませんでしたが、1月31日で、株式会社gumiを退社いたしました。

よくある退社エントリー的な内容は、別の機会に譲るとして、今後について。

諸般の事情により、2~3ヶ月東京を離れ、秋田の実家に帰ります。

雪が溶けきった頃には、こちらに帰ってきます。

もちろんその間も、PC一台でお仕事はしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

現在参画しているプロジェクトがあるので、当面は忙しいのですが、夏くらいからは、今温めているイメージを形にしていきたいと思っています。

ソーシャルゲームの仕事はしつつ、音楽関係のサービスや、その他飲食店ってか、BARとか。

やりたいんすよ、マジで。

今いろんな人にアイデアを話していて。

俄然パクってもらってもよくて。だって別に僕がやらなくていいと思ってるんですよ、そのサービス。

それで当ててやろうとか、思ってなくて。

ただ、なんでないんだろう、なんで誰もやらんのだろうって、インフラ的なサービスなんですよね。

だからまず、作ったほうがいいよね、ってマインドです。

これについては、今のところ誰もやらなそうなので、このままやらなそうならば、夏くらいから本格的に動きたいです。

BARは場所探しからですよねー。

いいところあったら教えてください。

ただし、ごくごく小規模で行きたいので。広いところは一旦NGです。

と言いつつ、あるなら教えてください。笑

あと、僕が住む一軒家も、物件募集中。一軒家に住みたい。

 

ノリで言ってますが、本気のノリです。

今思っていることは全てやる、という精神で生きていきたいです。

どうせあと何十年で死ぬんで。

やりきりたいですわ。やりきってなんぼです。

 

ちなみに、バンドも元気にやっていきます。今年こそは音源作るぞー。

まぁ、そのへんのバンド活動も、何かしらアップデートしていきたいなって思ってます。

 

その他、何かやりたいことがあったら、雑談がてら僕に話してみてください。

何か協力できるかもしれません。できないかもしれません。

ただ、今まで僕と携わってくれた人たちには、何か返していきたいなと思っています。

この人生かけて。

 

今のところそんなにたいしたもんじゃないですが、そのうち、そこそこたいしたものになる予定なので、どうぞ今後共よろしくお願いします。

 

カテゴリー: days

ハロー世界。

和賀有史です。

ご存知のあなた、お疲れ様です。

ご存知でないあなた、初めまして。

僕が何者かと申しますと、髪の赤いバンドマンです。

もしくは髪の赤いソシャゲ業界の人間です。(でした。今後もお世話になります。)

たまに髪の赤いバーテンです。(今、ちょっとお休み中。)

 

今日から、俗にいう、「フリーランス」というやつになりました。

「何をするの?」とここ最近良く聞かれますが、正直結構困ります。

ソーシャルゲームなお仕事は今後もやらせていただきたいな、と思ってますが、ちょっとだけ自由になったので、バンドも、またちょっとやってる感出していこうかな、とも思っているし。

その他にもやりたいことが、結構溢れてしまっていて。僧になるとか。車の運転練習したいとか。山で暮らしたいとか。

とりとめもなく書きましたが、漠然としたイメージをこれから形にしていく日々になりますし、実はどうすればいいのかも大体わかってまして。

そうそうすぐ形にはなりませんので、マイペースで。全力疾走していきたいと思います。

 

どうしてこのような場所を立ち上げたのかと申しますと。

お仕事を受けるための場所が必要だという当たり前な事情もありながら、僕が若い頃から考えていたことが、いよいよ最終フェーズに入ってきたことを意味しています。

それは、「僕自身がコンテンツになる」ことです。

だからこそ、コンテンツとしての僕を提供する場所が、欲しかったわけです。

言ってしまえばただの個人サイト。

ずっと作ろうと思っていたのですが、なかなかできませんでした。

どうしてでしょう。

タイミングじゃなかったんだと、思っています。

 

やろう、やりたいと思っていたことができない。そんな思いを若いころ随分しました。

それが、ある日、ふっと自然にできるようになったりする。

渋谷EARのバーテンなんか特にそうでした。

 

大人になったという表現は、なかなかナンセンスなのですが、結局機が熟したというか、やれるようになったから、向こうからタイミングがやってきたってことなんだと思います。

待ってればやってくる、ってことではないです。語弊のないように言っておきます。

 

というわけで、僕はこれから「僕」になります。

どうぞよろしくお願いします。

 

と言って、明日からここがガリガリに更新されていくわけではないのですが、ゆっくり整えて行きます。

 

五反田のスタバより。愛をこめて。

所信表明的な。

 

和賀有史

カテゴリー: days