どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その二。

さきほど最近の和賀について、津田大介さん@tsudaのメールマガジン、津田マガのコーナーっぽく振り返ってみましたが、白紙すぎるほぼ日手帳が気になって仕方がなかったので、しばらく記憶を補完する作業に腐心していました。

割とちゃんと埋まったので、もうこの勢いで9月を振り返ってみようかと思いました。その二。

 

どうせだから和賀の9月を遡ってみる。その一。

 

9月18日

・ガッツリ働いた。これくらい毎日働けよってね。

・友人に誘われて渋谷でお酒。

・ライフワークバランスって、大事だと言われるけれど、何よりも自分がどう生きたいかだと思う。

・その上で、決めることであって。誰しもに当てはまることでもない気はする。

 

9月19日

・川原翔くん@k_5336の舞台を見に行った。

・割と最近皆勤賞な気がしている。

・脚本がすごくよくて引き込まれた!

・翔くんはいい役者です。

・計画しているBBQの下見をすることにする。

・溝の口のドンキホーテ屋上にBBQテラスがあるんです。

詳しくはこちらで。

・まさかこの後ならちゃんが入院することになるとは……。

・仕事は多分してた……。

 

9月20日

・好日山荘登山学校で丹沢へ。エマージェンシー講座の実践。

・曇り空だったけど、山に入るだけで僕はもう。

・同行した店員さんが覚えてくれていた。すごく嬉しかった。

・髪が赤いからと言うツッコミはいらないです。

詳しくはこちらで。

・今度は、プライベートで来よう。

・働いてません。

 

9月21日

・秋田から兄とその友人たちが遊びに来る。目当ては巨人対ヤクルト戦。

・東京ゲームショウに行かなかったのは、この家族行事があったからです。でんぱ組みたかったけどさ……。

・試合は大荒れ。

・ヤクルト最下位チームだよね……? 軒並みバッターの打率が三割なんだけど……。

・チーム秋田は巨人ファンです。

・僕は一緒にいる人と楽しむので、今日は巨人ファン。

・松井選手がいた頃まではガチの巨人ファンでした。

・そして、延長で競り負ける……。

・浦安へ移動。「のぶし」という居酒屋へ。

・兄が東京で働いていた頃、毎日のように通った居酒屋なのです。

・ま じ で う ま い か ら 。

・のぶし丼は神。

・兄達と東京ドームホテルに泊まる。

 

9月22日

・早起きしてお仕事。ホテルって捗るよね……。

・ホテルの朝食を食べるの巻。

・兄達と東京タワーへ。

・前日、東京ドームでチケットが当たっていたのです。兄。

・久しぶりに登った。

・最近登っている山はここよりも余裕で高いのだ。

・それに自力で登るとか、人間ってすごいよね。

LEMONsスタジオ。

・ならちゃん入院してるけどね!!

・一人なので、LEMONs企画の告知も含めて弾き語りをした。

ここで見れたりします。

・ならちゃんが入院していることは、この時僕しか知らなかった。

・この時点では、当日、多分行けるだろう、位のはっきりしない状態だった。

 

9月23日

・お仕事。

・え、世間って祝日なんですか?

・じゃあ友人と飲んでも許されますよね。

 

9月24日

・3時半から働いてた。

・一回寝てるから徹夜じゃないもん。

黒夢のBOYS ONLYに申し込む。

・どうしても行きたかったので、東京と名古屋申し込んでみる。

・(後日、どちらも当たっていると言う展開に)

・頑張った自分にご褒美で、クロエ@Bar_Chloe0301に行く。

・ならちゃん、多分大丈夫、という電話。

 

9月25日

・仕事は朝にかぎる。

・LEMONs 主催、crunch is dead vol.5。

・一人でリハ。

・仙台よりcolossal youth到着。

・「楢山死んだんすか?」 元メンバーにしか言えないジョーク。笑

・ならちゃんはスタート後到着!

・実は陰で色々あったイベントだったのですよ。

詳しくはこちらで。

・いい、夜だった。

 

9月26日

・シナリオのプロットで苦戦していた。

・お世話になっている、オートクチュールの中村さんのサプライズバースデーに招待される。

・当日誘われて、ふわっといく。これがタイミング。

・中村さんは本当にまったく気づいていなかったらしく、キョトンとしていた。

・おなじみの面々とも会えました。

・新しい出会いもありました。

・からの、深夜テンションで新宿で『TOKYO TRIBE』を見る。

・すごく面白かった。笑

 

9月27日

・仕事は朝にかぎる。

・計画していたBBQ、溝の口。

・10年来のバンド仲間と、しっぽり。

・続いていくものは、続いていくのです。

まどか☆マギカを一気見する。

虚淵さん……。

・もっと色々インプットしないとな。

 

最近の和賀。へ続く。

 

 

10月ですね。

今年も残すところ3ヶ月。

まだやれることは残っているはず。頑張ろう。

 

こんな生活をしている僕ですが、興味があったら声かけてください。

 

 

 

 

 

デジキューBBQテラス ドンキホーテ溝ノ口駅前店に突入!!

こんばんは。BBQ番長(自称)の和賀です。

BBQ、してますか。食欲の秋だぜ。

 

僕のBBQ物語は数年前に遡りますが、ひょんな事でバンド仲間でBBQをやろうということになり。
凝り性な僕は、どんどんのめり込み、気づけばオールナイトBBQ『waga’s bar』を主催するまでになったのです。(って二回くらいしか主催してないけど。)

 

でもね。状況も変わりまして。

 

多摩川河川敷がBBQスポットとして有名なのは語るまでもないと思うんですが、ゴミ問題や近隣住民の苦情で、年々状況は悪くなって、今では東急田園都市線の二子新地からアクセスできる河川敷は有料化という形で存続し。
小田急線の和泉多摩川からアクセスできる河川敷は禁止になってしまうという、悲しい流れになったのが現状です。

 

東横線、田園都市線ユーザーなら、週末に河川敷ですし詰め状態のBBQ客をご覧になっている人も多いはず。

もちろん、BBQできるところは関東近縁には多く点在しており、そこにいきゃいい話なんですけどね。
幹事側としては、第一にアクセスを考えてしまうんですね。

いくらアウトドアだ非日常だって言っても、奥多摩まで来るかって言ったら来ないんですよ。僕は大好きだけどね。めんどいじゃない。普通。
そして、器具を運ぶという観点でも……なかなか。
車を出せればいいけれど、その時点で禁酒確定なので、これまた辛い選択なわけです。

 

そんな中、最近は手ぶらで行けるお手軽BBQなんかが流行っているわけで。
BBQ協会なんかも、ちょっとオシャレ感とか高級感あるBBQを喧伝してたりと、なんだかそういう流れを感じます。

手間ひまかけずにそれっぽい感じが出れば、ぶっちゃけOKというのがほぼ総意だと思うので、(disってないです。)僕的にも、ついつい火起こししたくなるけど、それすらないでふんぞり返っているのも悪くないぞと、そういうスポットも攻めてみようと思った次第です。

 

んでーー! 本日満を持して、最近の生活圏内に、『デジキューBBQテラス』なる便利っぽいアレがあるということで、突撃してまいりました!!

 

デジキューBBQテラス ドンキホーテ溝ノ口駅前店

完全予約制。
溝の口ドン・キホーテの屋上にて展開中!

 

大人は一人\1,800のショバ代がかかりますが、ドン・キホーテ二階にて\2,000以上の買い物をしてレシートを提示すると一人あたり\150引き。
さらに\5,000以上買い物をすると一人あたり\300引きになるというシステム。10人なら\3,000引きとなり、一人分浮きますね。

まーこれを高いと見るか安いと見るかは、BBQ体験次第ですね。
普段の持ち込みBBQの予算と比べると、高くつくと感じるかもしれませんが、僕としてはそれで何にもしなくていいなら喜んで!という感じ。

 

その上、\1,000でアルコール飲み放題というのがあり。
\1,300のプレミアムプランは、ほぼ居酒屋チェーン店の上位クラス飲み放題と同等のメニューが2時間半飲めます。
ビールがエビスになるっていうのが、ビール党には朗報かな。ブラックもある。

これも、空き缶の処理を気にしなくていいし、常に冷たいし、買い出しの時の制限なんかもないのでほんと楽。
とくに、空きカップやら飲みかけの缶が気になってしょうがない女子力高めのあなた、気苦労減りますよ!

 

と、まぁでも。ここまでで、予算ざっくり\3,000ですね。
ここから食材代がかかるので、割高感が出てくるはず。
大学生のみんななんかは、ちょっとなーって雰囲気が漂ってくるのでは?

 

どこにメリットを感じれるか、ですかね。

 

今日に関しては完全に会社帰りのサラリーマン一同が楽しそうに騒いでましたし。
会社帰りにふらっと来れるのはかなりいいかも。
アフター5でBBQとか、エクストリーム出社ならぬ、エクストリーム退社でしょ。

若い女の子チームもいたけどね!!

10671453_704685712959730_5566434693643157339_n

というわけで。
何も知らないLEMONsならちゃんを、「とりあえず溝の口ドンキの屋上来て」と呼び出していきなりBBQに突き合わせる、ヤクザな和賀の図でした。

 

当然ドンキの買い物袋一つで行ったし、割り箸皿、会場でもらう。塩コショウもありました。タレはなかったかな。
調理用の水場あり。赤々とした炭はすぐ出てくる。酒は飲み放題!!
夜景は……柵側にいけばちょっとは楽しめるのかも。僕らはひたすらマルイのロゴを眺めて酒飲んでました。

夜はちょっと暗くて、肉の焼き加減の見極めがしづらいのが難点といえば難点ですかね。

 

結論を言うと。

 

とにかく楽!これなら俺はショバ代\3,000出すわ!

 

です。

 

ちなみに、ドリンクの女の子は18歳女子高生でした。(楢山調べ)

そんな感じで。お気軽にBBQしたい大人諸君、溝の口はなかなかよかったぜ。

 

以上、和賀のBBQスポットリサーチ第一回でした!

つづく。……のか?