2015/04/01 FOOLA presents “APRIL FOOLA”@三軒茶屋HEAVENS DOOR

4/1といえば。エイプリルフール、なのだが。
三軒茶屋heaven’s door的には『APRIL FOOLA』が恒例になりつつある。

1st Fullアルバム『落陽』を引っさげて絶賛ツアー中のFOOLA
昨年に引き続き、エイプリルフールの夜を爆音で埋め尽くすべく彼らが主催するイベントに行ってきた。

ちょうどpirukuruがラストの曲を演奏しているところへ滑り込む。
個人的にはLEMONsで何度も対バンしているバンド。
最近調子がいいらしいという噂を物語るステージにニヤリとしてしまう。
サビで炸裂するファズが凶悪に、でも爽快に響いていた。

トリ前は、こちらもheaven’s doorではおなじみstrange world’s end
メロウさと激情が同居するステージ。
ぶっといディストーションが会場をぶっ叩く。

きしぱん食堂の唐揚げを頬張り、ビールで揺れならがいい感じに気分が高揚してきたところで、FOOLA登場!
Gt/Voの山下マサキ氏は、ジーンズ地のツナギがトレードマークな印象だった。しかし、今宵はおなじジーンズ素材ではあるがジャケットだ。
何にせよ、なかなか似たような格好でライブをするバンドはいない。絶対熱い! が、そのオシャレさが山下マサキなのだ。

照明が落ちた会場に不穏に響き渡るディレイ。ライブは『GOTHAM』で幕を開ける。
緊張感のある旋律から徐々にテンションを上げ、一気に炸裂する音像。

会場に残るディレイの余韻を弾き飛ばす『FOOL』で早くもトップスピードに乗ったようなステージ。
これでもかというくらい、キメのミュートを強調するマサキ氏は、長身を思う存分に踊らせてギターをかき鳴らす。

MCではエイプリルフールネタでふんわりなごませてくれる。
嘘をついていいのは午前中というネタが、嘘かホントか図りかねるマサキ氏。その茶目っ気ある笑顔が素敵な空気を作る。
そのままスローナンバー『SUNSET』で会場は波に浮遊する。
開放感のあるコードと、歌い上げるマサキ氏の声が心地よく広がっていく……。

『BREATHLESS』のリフが始まると、途端に縦に揺れ始める会場。
飛び跳ねるマサキ氏、dr.横堀ユウコ氏のシンプルでタイトなリズムが心を躍らせる。
ハッピーすぎる空気がheaven’s doorを包み、自然に笑顔がこぼれてくる。

相変わらずエイプリルフールネタを引っ張りつつ、あと二曲と告げられれたMC後に鳴り響くのは『DEAD MOVIE STAR』。
ライブの終わりめがけて、突き抜けるメロディライン。
疾走する勢いに身を任せて、でかい音の中を泳いでいく。

ラストは『手の鳴る方へ』。
目の前に突然風景が広がるように音が溢れていく。
その中をマサキ氏の声とBa,cho白石アユミのコーラスが透き通るように脳を貫いていく……。
アルペジオが響き渡る。ブレイク。そしてすべてがはじけ飛んだ。

余韻の中を去っていく三人。だが、彼らをこのまま帰すはずがない。

まもなくステージに戻ってきたFOOLAがアンコールに選んだのは『GLOW』
ぶっといリズム、ぶっといリフ。縦に、縦に、会場が最高潮に震える。
初めて出会ったときにもこの曲で頭を振ったっけ。そう思いながら心底最高な気分になる。

天井をぶち抜くような上昇感。壁を取っ払うような開放感。
それがFOOLAのライブだ。

そんな彼らがツアーファイナルに選んだのは、池袋ADM。
THE ANDSを迎えてのツーマンライブだ。

日々溜め込んだ黒い靄のような気持ちを吹き飛ばしたいのなら。
最近ちょっと笑ってないなって思うなら。
ただただ、爆音でぶっ飛びたいなら。

FOOLAのライブへ行こう。

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です