浅間嶺に登ってきた~2014.9.14~

前回の登山から、もう一ヶ月以上間が空いてしまい、山不足が漂い始めた和賀、もう限界だということで登ってまいりました。

前回登山はこちら。
百名山登りました。~武尊山編 2014.08.4~

百名山登りました。~谷川岳編 2014.08.5~

今回は、コントロールプラス~gumiと、ずっと同僚だった蟇目氏と二人で登ってきました!
山のチョイスは任せてもらったので、一度登ったけれど雨で真っ白だった、浅間嶺にリベンジです。

武蔵五日市駅に6時14分着。からの6時31分のバスで払沢の滝行き。
綿密に何度もネットで検索した甲斐もあり、ここはスムーズに乗り換え成功!

前回は見事バスが無くてタクシーに乗ったので……。
それにしても、バスの路線をネットで検索すると、どっこもわかりづらいよね。なかなか改善されないんだけど……。
そろそろ何とかならんのかと思っている。和賀です。

滞りなく払沢の滝に到着。所要時間は30分かからないくらいかな。
これからまさに登ろうとしている浅間嶺方向とは全く別なわけですが、滝好きの僕としては見ないとテンションが上がらないし、ホストとしては同行者に見せたいわけで、口説いて連れて行きました。

滝までは、ほんのちょっとのハイキングでたどり着けます。

朝早いので、こんな素敵な光も味わいつつ。
2014-09-14 07.24.50

払沢の滝!!
2014-09-14 07.15.53

正直、写真だとぜ~んぜんスケール感が伝わらなくて不満ではありますが。

こちらに動画がございます。

 

日本の滝百選に入る払沢の滝は檜原村の滝を代表する名瀑で、通年多くの観光客が訪れます。
落差は4段で約60m。最下段(落差約26m)の落ち込みにある深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられてきました。
また払沢の滝は厳冬期に美しく 結氷することでも知られています。

払沢の滝

 

もうほんとすぐそこまで近づける滝です。滝壺すぐそこ。青々と深い感じがたまらない。いるね、大蛇。むしろ竜。
地元の方の水源なので、水に入ったりというやんちゃはできませんが(フリじゃなくて本当にダメです!)
正直ここで一日過ごしてもいい位に僕は好きです。

全く信じてませんが、マイナスイオン的なものに相当する何か神秘物質が出まくっている感じはします。
登らなくてもここだけでオススメ!です。

 

さてはて、もう満足しかけていた僕ですが本丸は登山。というわけでやっとスタートです!
本当の登山口(というとあれですが)付近の『峠の茶屋』までは割とアスファルトロード。
もちろん山道もあるんだけど、どちらかというと里山の生活道という感じで、民家の横を通って行くような感じ。
アスファルトロードも、もうかなり老朽化が進んでいて、なかなか趣があります。
前に来た時はここで大勢の猿にあったんだけど、今日は遭遇はなく。鳴き声を聞いたくらいにして。

 

無事に『峠の茶屋』まで辿り着き、大山祇神社で手を合わせて、気分的にはここからスタート!

なんですが、登っている間の話題はそんなになく笑

というのも、浅間嶺は高低差がそんなに激しくなく、ひたすら尾根歩きがメインの、ハイキング感が強い山。
最初にガッと登ると、そのあとはゆるりゆるりと楽しく歩く感じです。

というわけで山頂。

2014-09-14 09.49.26

そんな穏やかな浅間嶺は、マウンテンバイクのメッカでもあるようで、たくさんのバイカーの人とも遭遇。
自分もスケボーやっていたので、エクストリームスポーツには理解があるつもりだけど、一瞬間違えば滑落というこの地形でバイクに乗っている人達、やっぱり次元が違うと思う。笑

何でかは分かっていないけど、やたらとキノコが目につく登山だった!

2014-09-14 10.54.03

こいつは中でも存在感がすごかった……。食べられない雰囲気満載だけど。
これ以外にもたくさん!(食べたらやばそうなのが)

2014-09-14 13.05.07

菌糸っぽいやつがここにも……。でもサンゴみたいで綺麗だった。ある意味これもキノコなのかな?

2014-09-14 13.27.10

なんとなく気になった花。まだ名前はわかりません。

こういう植物の生態を知ればもっと山は奥深くなるはずで、やはり勉強の必要性を感じたのでした。

 

のんびり歩きも楽しかったけど、自分たちは一応標高900mのところにいるわけで、いつかは下りますよね?
でもずっと900m台のまま。つまり。

下りがきつかった……。

斜面にほぼ垂直なコースを、一気に300mくらい下って、登山口へ。

 

今回は、前回できなかった「登山して温泉へ!」が目標だったわけですが、無事に14時台に下山、そして温泉へ!
目的地はなんとなく『数馬の湯』だったんだけど、その途中すぐ目についた『蛇の目温泉たから荘』に変更。
(ネットで、数馬の湯で入場規制がかかったというのを思い出して……)

内風呂のみだったけれど、風呂の真下が川で、もう個人的立地は最高。
男二人貸切状態で、しばし無言で温泉を堪能したのでした……。

 

という感じで。
あんまり「登ってやったぞ!」感は薄かったけれど、山の中にいるという感じでは本当にゆったりと楽しめた。
山が慣れていない友達なんかも連れてこれそうだなー、などと思いながらの、良い登山となりました。

やっぱり山は定期的の登らないと調子が落ちる!
また近いうちに登ろうと決心した和賀なのでした。

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です