余生突入後5年。

最近何かと話題のヤマト運輸に、僕がアルバイト~社員として在籍していたことを知っている人はそんなにいないかもしれない。
大体12~10年位前の話である。当時は猫背不眠症というバンドをやっていた。
社会人バンドマンとしていきていくのもいいのかもしれない。そんなことを本気で考えたりもした。
でも結局「バンドで飯食います」といって多大な迷惑をかけて辞めたのだった。

その時のセンター長が、このたび副支店長になるという話を、元同僚の知らせで知った。
他のメンバーも結婚したり、教えてくれたその子も正社員になったりと、めでたいかぎりで嬉しかった。

僕はバンドで飯は食っていないまでも、会社を一人で経営して生きている。
出世なのか何なのかわからないけれど、きっとあの頃よりはそこそこ立派になっていると思う。

カート・コバーンが死んだ歳を通り過ぎて早5年強。
余生だなんて言っていた時期から、なんとなく次の道が見えた気がして今に至る。

順調と言えばそうだし、なんだか変わりばえしねーなって言えばそうだったりもします。

生きるって戦争だな。目的見失うと即死しそうになるから。

正直に言えば最近目的地設定がうまくいっていないので、さてどうすっかなって毎日考えている。
あんなに優秀なGoogle Mapsさんだって、目的地入れなきゃただの地図なわけで。

心配ご無用。最後は自分で決めんだろ、わかってますがな。
でも、飲みのお誘いは大歓迎です。
最後の最後の甘え下手は一生治りそうにないので。
せめて脳みそのアルコール洗浄でも。

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
Pocket
LinkedIn にシェア

カテゴリー: days

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です