中二病だから夏の魔物に会いたい。

古いアパートのベランダに立ち

僕を見おろして少し笑った

なまぬるい風にたなびく白いシーツ

魚もいないドブ川越えて

幾つも越えてい行く二人乗りで

折れそうな手でヨロヨロしてた 追われるように

~『夏の魔物』スピッツ~

中学一年の僕はこの歌で何回だって泣けた。胸にこみ上げるどうしようもない衝動や憧憬を抱えて、自転車で駆けた。

どこかにいるはずの運命のあの子を探しながら毎日下校した。

 

こんばんは、酔って帰ると電柱を爆破したり斬り倒したりする赤髪です。

幽遊白書で一番好きなキャラは刃霧要です。死紋十字斑。

みなさん中二病してますか? 恥ずかしい? Why?

現役中二病の僕ですが、ふと思います。

中二病、何で恥ずかしいんですか?

 

私の中学生時代たるやいわゆる筋金入りで、夜な夜な竹刀で雪山と格闘しましたし、アニメマンガゲームの手から出る系の飛び道具は一通り試しました。

一番練習したのはやっぱりMADARAの掌妙勁でしょうか。うん、あれはもうちょっと頑張れば出たと思うなー!

スプレーとペンキで、服に自分でデザインしたドクロマークを描いてブランドだとか言ってました。ブランド名は今でも覚えています。

「I’m hungry」

ご飯は毎日三倍は食べてました。おかわり。

あと、妄想癖だったのですが、あの頃、毎日考えていた物語をすべてプロット化したら一生食うに困らなかった気がします。

 

さてさて、こういうのを世間的には黒歴史というのでしょうが、僕はわりとそうは思っていません。

恥ずかしいかどうかで言ったらこれ以上のコメントは差し控えさせていただきますが、今ここでこうしてさらしている程度にはよい思い出だったなと思っています。

あ、今シラフなので明日の朝、これ見て死にたくなったりしないので安心してください。

 

中二病の定義とは。

曰く、伊集院光さんが生みの親であるとか、その頃の定義からは大きく変わってしまっただとか。

邪気眼だとかなんだとか。それでも恋をしたいだとか。いわばエゴとエゴのシーソーゲームだとか。

まあなんだっていいんだけど、とにかく「痛い」と言われていることに僕はなんだか寂しさを覚える。

もう一度聞きますが、中二病、なんで恥ずかしいんですか?

 

中二病を飯の種にさせていただいております僕が思いますに、中二病とは、「むき出しの感性」であるように思います。

でも、人がむき出しでいられる期間は限られていると思います。

人間的に成熟していない、未熟であればあるほどむき出しに近い。

それはつまり、成長すればするほど、皮を被っていくということになるからです。

むき出しの感性を思うたび、未熟だった自分が並んで想起されるからこそ、それらを恥ずかしいと封印してしまうのではないでしょうか。

 

大人になって恥を学んだはいいけれど、恥ずかしい恥ずかしいと目で手を覆っていては見えるもんも見えないなって思うのでした。

見えないものが見えないのは当然であっても、見ようとしなければ一生見えない。

あるかないかはわからないけれど、あると信じて見なければ一生見つからない。

その道筋がたとえ無駄であっても、恥ずかしいと目をそらさないで覚えていれば、何か起こるかもしれないよ。

 

そんなことは戯言さ。

ああなんとでもいうがいいさ。でもここまで読んだが最後なのである。

なぜなら君にある呪をかけたからだ。

 

言葉とは呪である。

この文章に、行間に込められた何かは自ずと君のどこかに働きかけ、呼びかけ、何かを刺激するのである。

その結果、何が起こるのか。

……何、恐れることはない。これは始まりであって終わりではない。

世の中そのようにできているのである。気軽にさあ、明日への扉を開くがいい。

イフタフ、ヤー・シムシム。

開くはアガルタの扉か、地獄の蓋か。

飛んで火にいる夏の夢。まどろむちょうちょと三千世界。

鳴かぬなら、泣くまで纏う夜の闇。

ここで会ったが百年目。鶴は千年、亀は万年。まんじゅう十萬千客万来。

寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

まだまだ続くよ常世の舞台。

祇園精舎の鐘鳴らし、諸行無常と腹踊り。

 

ご清聴、ありがとうございました。

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on GREE
Pocket
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です