あれ、そろそろ春ですか?

家で焼酎飲みながら、ぼーーーーっとしてます。

そろそろ実家のスピード感に順応して、体の動きも鈍臭くなってきました。
これが実家の魔力か!!

先週、突然熱を上げたせいで、結構出来なかった、スノーボードに行って来ました。

今年、11年振りにスノボ復帰してのですが、その時に思い切ってウエア一式揃えたので。
なんとなくこのままシーズン終わるのもなぁと、自分を追い込むべく安売りの板も地元で買って三週間。
やっと行って来ました。

雪深いとはいえ、さすがに春はそこまで来ております。
近場のスキー場は軒並み営業終了の中、唯一まだやってるのが、ジュネス栗駒です。

僕の界隈だとかなり大きい方。
いいスキー場です。

さて、足がない僕はどうしたかというと。
とりあえずなんか方法ないの?ってことでネットを駆使して情報収集。

地元羽後町西馬音内から、とりあえず隣町の湯沢営業所まで。
そこからどうやらジュネスまで行けるらしい!と先週発見。
ついに21日の金曜日に実行に移したのでした。

ひとまず、つつがなく湯沢営業所までついた僕。
順調にバスを乗り換えて、後は乗ってるだけ…と思いきや、車掌さんに衝撃の事実を告げられるのです。

「結構前に、そのバス停なくなったけど(秋田弁ばりばりで)」

一筋縄では行かないと思ってたけど、そのパターンか……。
まぁ、この田舎ではよくあることというか、不思議はないことで。
びっくりする位、普段から利用者は少ないのですよ、バスって。(電車もだけど)

とりあえず一番近い「城下」というバス停で降りることにしました。(その間約50分、誰も乗ってこなかった。)

いざつきました、城下。ここからジュネスまでどれくらいありますか?という質問に対して、運転手さんいわく。
「大体30分、ちょっと分かんないけど(秋田弁ばりばりで)」

なるほど……。確かに看板にも3Kmって書いてますし?
普段ならなんてことない距離なんだけど、今、板持ってんだよね……。
しかしここまで来てしまったので引くわけには行きません。
運動不足解消のために、頑張りましょうと、とぼとぼ歩き始めました。

途中、第一村人のおばあちゃんに、労われたりしつつ、ふとGoogleさんに、後どれくらいあるのか聞いてみたい欲望に駆られました。
体感では結構歩いたはずなので、あと2/3かもうちょっと消化していてもおかしくないと思ったのです。
では、Googleさん、残り距離の発表、どうぞ!

「3.2km(残り38分)」

距離伸びてんですけど。

看板の距離と実際の距離が一致しない。観光地あるあるですが、まんまとやられたわけです。
とは言え行くしかないわけなんですが、この辺りで心がポッキリ僕でした。

しかし、ですよ。いるんですよ、仏が。
しばらくいくと、僕を追い越していった車が止まり、バックしてくるわけです。

「スキー場までですか?乗ってください」

眼鏡の素敵なダンディでした。最高です。ありがとうございます。
後から気付いたんですが、おそらくジュネスの従業員の方だったんですね。
その心意気に感謝です。

バス停の廃止の話や、帰りのアドバイスを頂きつつ、つつがなくジュネスへ。
ここ数日やってきていた寒気のお陰で雪質良好。
一日券で楽しく滑らせていただきました。(来季の一日ご招待券もサービスで頂きました。)
昼飯はカツカレーでした。

そして帰りはというと、眼鏡ダンディの従業員さんのアドバイスに従い、ホテルで相談。
事情を説明しただけで、バス停まで送ってくれるという粋なはからい!
マジで神ばかりでした。今度絶対泊まります。そしてバス停まではやっぱり4kmあるそうです。

ジュネスは僕が滑った日で今季の営業が終了だったわけですが、特別に今週末と、来週末のみ臨時営業とのこと。
来週、最後の雪山に、泊まり付きで行こうかなんてちょっと悩んでいる僕です。

と、僕のくだらない珍道中の話ばかりになってしまいましたが、こっちに帰ってきて強く思うのは、地元企業や観光スポット、その他もろもろのネット情報が本当に整ってないよなー、ということですわ。

まぁ、秋田県のソーシャルネット利用率は47位らしいので、ネットもいろんな意味で普及してないんだとは思います。
なので重要度も低いのかもしれない。
でも、このままじゃいけないんじゃないかなぁと、思うわけです。

Amazonにしろ、動画サービスにしろ、田舎こそ享受したほうがメリットあるもの、たくさんあると思うんですけどね。

なんかやれることないのかしら、とぼんやり焼酎を呑みながら考えています。

とりあえず、羽後交通は、料金表から「ジュネス栗駒前」を削除してください。マジで。

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
Pocket
LinkedIn にシェア

カテゴリー: days

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です